*

通販 クレーマーからの注文拒否するには

公開日: : 最終更新日:2018/03/07 ショップサーブ, ネットショップ運営, ネットビジネス

この記事は約3分で読むことができます。

面倒くさい客からの注文はいらないですよね。いわゆるクレーマー。あれこれ難癖つけて来る客です。購入単価が100万200万ともなれば額が額なのでご丁寧に対応する必要ありますが、たかが数千円の商品を買って、クレームをつけられちゃたまったもんじゃありません。

1件の注文において1、2回のクレームなら通常のお客様として対応できますが、3度以上、何か言ってくる客はクレーマ色が強いと考えて良いでしょう。普通にメールを送っても、日本語読解能力に難があるのか、まったく理解していないような客は、すべての通信を拒否しても法的にも問題なさそうです。

まず、押さえて欲しいのはクレーマーの通信情報です。具体的にはIPアドレスと言います。「どこからネットに接続しているのか?」という情報です。これは、無料で入手できます。IPアドレスは、「121.84.241.***」といった11桁ほどの数字で表されます。

クレーマーのIPアドレスを特定したなら、そのアドレスからのメールは自動返信メールなどで、「あなたのおかけになった電話番号は現在使われておりません。」的な内容を送信すると良いのではないでしょうか。

こんな感じでしょうか。「お客様の送信されたメールアドレスは、何らかのトラブルにより現在利用停止中となっております。恐れ入りますが、別のメールアドレスへの送信を試みてください。それでも通じない場合はドメインが廃止されている恐れもあります。」

意味が分かるお客さんは少ないと思いますが、よほどのKYでない限りコンタクトはあきらめるのではないでしょうか。

ショップサーブ管理画面内にも、名前やメルアドからブラックリストの客は警告が出るよう設定できますが、「拒否」しているわけではないので注意が必要です。注文や問い合わせを断る場合は、「二度と注文はしてくれるな」といった意味合いのメッセージを送っておくのが良いでしょう。

2、3日前に当店でもクレーマーが発生してドタバタしたところですが、このお客はメールではなく「しつこい」電話攻撃でかなり悩まされました。5、6回の電話対応で、一応決着はついたのですが、「また何か言ってくるのではないか?」という不安があるので、BL入りしてメール、電話ともに拒否することにしました。

ちなみに、電話の拒否はメールよりも簡単ですね。迷惑電話として登録すれば、かかってきても相手には通話中の音を流すことができます。10回かけてきても、100回かけてきてもビジーです。当然メールも不通ですから連絡のしようがありません。



Adsense

関連記事

チケット販売

baseを前売りチケットの販売システムとして使う方法

無料ネットショップの代表BASE株式会社。 物品販売だけではありません。各種チケットの販売ツー

記事を読む

条件

注文が入るようになるお店の前提条件

今年ネットショップをオープンした人も、相変わらず多いですが、見ていると商品点数が数点だったり数十点だ

記事を読む

no image

全部の商品ページに同じパーツを表示せる方法

ショップサーブのような開業サービスを使うメリットは、何かと「一括」処理ができる点です。例えば、商品ペ

記事を読む

有名ASP

本気でネット販売を始める人に有名ASPをすすめる7つの理由

企業さんに通販システムを聞かれた場合、だいたい、ショップサーブをすすめています。ショップサーブは、ネ

記事を読む

人生ワードプレス

ショップサーブのwordpress活用法

ショップサーブユーザーなら、同一ドメイン内のサブディレクトリでwordpress(ワードプレス)

記事を読む

簡単に屋号口座が作れる銀行

簡単に屋号口座が作れる銀行

楽天銀行を除いて他にはないでしょう。 簡単に作れることを実感してもらうために、一度、三井住友や

記事を読む

カウントダウン

通販会社スタッフに求められるスキル

「ウェブページが作れる」 「エクセル・ワードができる」 「フォトショップが使える」 「イラスト

記事を読む

no image

「暖冬でアパレル関連苦戦」に学ぶ

2015~2016年にかけての冬は暖冬ですが、特にアパレル関係は苦戦したようです。「ダウンやコートな

記事を読む

認知的不協和

広告のキャッチコピーは認知的不協和が最強か

公告のキャッチコピーを考える際、物販の場合は、「たらいが50%OFF」とか「2016年流行のたわし」

記事を読む

送料無料

「送料無料」・・・無料なのはお客さんだけ(泣)

おもしろランディング・キーワード「ネットショップ 送料無料の送料はどこが払っているのですか?」。昨日

記事を読む

Adsense

Adsense

ECサイト運営者の思い込み
ECサイト運営者の間違った思い込み。。

「コンテンツマーケティング」と言う言葉もすっかり馴染みましたが、その重

メディアEC
ネットショップの基本「メディアEC」

ここ数年、コンテンツマーケティングとかメディアECという言葉が取り

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

→もっと見る

PAGE TOP ↑