*

送料無料で買うお客様を取り込む方法

公開日: : 最終更新日:2015/06/25 ネットショップ運営, マーケティング, 売上アップの方法

この記事は約2分で読むことができます。

『500円の商品を買いに来た。しかし、送料は860円。4個位まとめて買っても良いけど、それでも2000円。2000円の買い物で860円の送料は迷う。他に、ついで買いできるものがあれば良いのだが・・・』

そういうお客さんがいることを考えると、あえて、「あと8000円で送料無料セット」とか「あと5000円で送料無料セット」など、そういうラインナップを作るのもアリかな、と。

販売している商品の種類にもよると思いますが、食品などを扱うお店は、こういった変わったセット商品を作ると、単価アップになることもあるかもしれません。

通販でしか買えない商品を購入しようとしたけど、上記のように2000円ほど。「でも、他に買うものが見当たらない。」というときでも買っても良いものと言えば、例えば、消耗品とかですかね。普段近くのスーパーなどで買っているような最寄り品。

「最寄り品(もよりひん)」とは、雑誌やタバコ、食料品、薬、化粧品など、購買頻度が高くて、だいたい買うものが決まっていて、それらを買うのにいちいち検討しないようなもの。最寄り品の逆は買回り品(かいまわりひん)。

今の時期なら、そうめんやめんつゆとかまとめ買いする人多いんじゃないですかね。石鹸とか洗剤とかトイレットペーパーなどもいいですね。このように「まとめて買っても、そのうち消費してしまうようなモノ」を、送料を無料にするためのエサとして用意しておけば、買う人は必ずいます。

送料無料

このテクニックを使うためには、ショップサーブの場合、「フッタのバナーリア」を使うと便利です。あらかじめ、「(例)送料無料にしよう!」カテゴリにまとめ買いアイテムを追加しておきます。「デザイン設定」→「ヘッダとSEOの設定」の箇所にHTMLを記述します。

Adsense

関連記事

読まれるネットショップ

目指すは「読まれる」ネットショップ

健康や運動について特集されている雑誌を見ていて、運動したい気持ちになってきたところで、プーマ(PUM

記事を読む

契約書

卸をする場合の契約書はいるのか?

「これまで小売のネットショップをやってきたが、オリジナル商品を作ったり輸入したので卸したい。」

記事を読む

良さそうに思える言葉

古いお客さん用メール内検索の想定も必要

ある商品を5年ぶりくらいに購入しました。その商品でなければいけないわけではないのですが、すでにある商

記事を読む

上司アホ

優秀な社員やスタッフが辞める理由の90%は上司がアホってw

ある記事を読んで「なるほど!確かに!」と気付かされたのが、「優秀な社員が辞める理由は上司がAHO」で

記事を読む

掲示板

掲示板を使う文化はとっくに終焉を迎えていた。

昔は「ホームページを作ったら掲示板(BBS)を付けましょう。」といったルールがありました。 け

記事を読む

hulu

アカウントホールドが常識になるか!?

テレビ番組やアニメ、映画が見放題のHuluが人気のようですね。アメリカからやってきた動画配信サービス

記事を読む

ネット注文怖い

「ネットショッピングは怖いから使わない」という人

まだいるんですね~ネットで何かを注文するのが「怖い」と思っている人たち。けっこうな割合ですよ。年代に

記事を読む

デビットカード

デビットカードを使ったら二重引き落としされた

「デビットカードで買い物をしたら二重引き落としをされた。ぼったくりか?」 もしかすると、そうい

記事を読む

自動返信メールのこだわり

自動返信メールのこだわり

楽天のショップ2店舗で買い物をしたんですが、自動返信メールがよく似ていて、ちょっと気になりました。

記事を読む

ドキドキ

真剣にネットショップ開業を目指す方のためのテキスト

ネットショップ能力認定機構という団体があって、そこが出版している公式テキストがオススメです。今すぐ開

記事を読む

Adsense

Adsense

リピート販促
「保有ポイント失効」のお知らせでリピート購入を促す方法があります。

もったいない精神。 多くの日本人がもつ感情ですが、そこに

base進化
無料ネット販売アプリのベイスの進化がヤバイ。

最近、周りで、ベイス(BASE株式会社@東京都港区)で、ネット販売

パソコンは人にやるな
使わなくなったパソコンは人にあげてはいけない

個人事業主は1月~12月が事業年度です。12月ともなれば、「ちょっ

airCloset エアクロ
ビジネスアイデア!月額制レンタルファッション「airCloset」

悩みやコンプレックスに直接訴求して、解決、解消できる商品やサービス

個人事業主
個人事業主の極楽は、いつまで続くのか。

年収300万円程度の正社員の払う所得税は約6万円住民税が約12万円。言

→もっと見る

PAGE TOP ↑