*

送料無料で買うお客様を取り込む方法

公開日: : 最終更新日:2015/06/25 ネットショップ運営, マーケティング, 売上アップの方法

この記事は約2分で読むことができます。

『500円の商品を買いに来た。しかし、送料は860円。4個位まとめて買っても良いけど、それでも2000円。2000円の買い物で860円の送料は迷う。他に、ついで買いできるものがあれば良いのだが・・・』

そういうお客さんがいることを考えると、あえて、「あと8000円で送料無料セット」とか「あと5000円で送料無料セット」など、そういうラインナップを作るのもアリかな、と。

販売している商品の種類にもよると思いますが、食品などを扱うお店は、こういった変わったセット商品を作ると、単価アップになることもあるかもしれません。

通販でしか買えない商品を購入しようとしたけど、上記のように2000円ほど。「でも、他に買うものが見当たらない。」というときでも買っても良いものと言えば、例えば、消耗品とかですかね。普段近くのスーパーなどで買っているような最寄り品。

「最寄り品(もよりひん)」とは、雑誌やタバコ、食料品、薬、化粧品など、購買頻度が高くて、だいたい買うものが決まっていて、それらを買うのにいちいち検討しないようなもの。最寄り品の逆は買回り品(かいまわりひん)。

今の時期なら、そうめんやめんつゆとかまとめ買いする人多いんじゃないですかね。石鹸とか洗剤とかトイレットペーパーなどもいいですね。このように「まとめて買っても、そのうち消費してしまうようなモノ」を、送料を無料にするためのエサとして用意しておけば、買う人は必ずいます。

送料無料

このテクニックを使うためには、ショップサーブの場合、「フッタのバナーリア」を使うと便利です。あらかじめ、「(例)送料無料にしよう!」カテゴリにまとめ買いアイテムを追加しておきます。「デザイン設定」→「ヘッダとSEOの設定」の箇所にHTMLを記述します。

Adsense

関連記事

老化

素直な人と習慣を変えられる人だけが売り上げを伸ばせる

「これをするとお客さん集まるよ。」という集客や売り上げップのテクニックなどを紹介されてもやらない

記事を読む

個人法人

個人と法人の違い(ネットショップの場合)

法人と個人事業の違いとか、メリット・デメリットとかは、検索するとたくさん出てくるので省略して、ネット

記事を読む

ミレニアルズ

今後の経済活動の中心はミレニアル世代

ネット販売も、「消費者の世代」とか考えないといけない時代なんですね。今後、高齢化社会というのは明らか

記事を読む

在庫ない

在庫のない商品を販売するネットショップ

通販ショップで、すぐに欲しい商品を注文したら「品切れ」って。 困った・・・ 消費者として

記事を読む

人気店から学ぶ

売れているお店からテクニックを学ぶ

売れているお店には、販売のコツが満載です。今回は、某ショッピングモールの2015年の受賞店を覗いて回

記事を読む

動画の時代

ショップう運営者のスキル・・・その8

ここ数年は動画の流れがきてますよね。幸い、動画にして活きてくるような商品を扱っていないので、動画関係

記事を読む

記事が多い理由

なぜショップサーブの記事が多いのか。その理由。

なぜショップサーブの記事が多いのか。 最大の理由のひとつは、「ショップサーブを使っている人が多

記事を読む

動画埋め込む

一番簡単な動画貼り付け方法

ショップサーブの商品ページへ動画を貼り付ける方法で、もっとも簡単なのはyoutubeを使う方法。手順

記事を読む

no image

失敗するなら最速で

“面白法人”カヤック社長の柳沢大輔氏の名言です。 なるほど!と思いますね。 アプリ系やウ

記事を読む

仕入先を聞かれたら

お客様に仕入れ先を聞かれた場合

ネットショップをやっていると、必ずくる問い合わせのひとつが「仕入先を教えてほしい」「メーカーはどこで

記事を読む

Adsense

Adsense

no image
ランディングページに向く商品、向かない商品

世の中いろいろな商品やサービスがありますが、ランディングページの販売ス

メインディッシュ
情報商材最新の販売手法「いきなりメインディッシュ法」

たまにフェイスブックを開くと、どういうわけか?情報商材の広告が

no image
コンバージョン率が高い!?良くできたランディングページを集めました

「ランディングページ集めました。」というサイトは非常にありがたいです。

損失回避の法則
ベネフィットは損失回避の法則とセットで使うのが良さそう

ランディングページに、ベネフィットは付き物ですが、実はベネフィットだけ

集客
「集客方法教えて!」と悩んだときのチェックポイント3

起業して「何が一番難しいか?」って言うと集客ですよね。 「お客さ

→もっと見る

PAGE TOP ↑