yahoo! shoppingのページ作りはHP作成の基礎から

ヤフーショッピング

この記事は約2分で読むことができます。

「yahoo! shoppingのプロフェッショナルに出店したのはいいけど、一体どうやってページを作れば良いの?」という方が非常に多いようです。yahoo!側もシステムは無料で貸し出すけど、ページ作りまでは手伝ってくれないので、原則、後は自力で構築していかないといけないです。

そこで、必要になるのはHTMLの知識。

エイチ・ティー・エム・エルと読みますが、要するにホームページを作るためのプログラミングのようなものです。と言っても、中学生でも扱えるような簡単なものなので、やる気がある人は取り組んでみましょう。「This is a pen.」レベルです。

ただし、もっと楽にやろうと思えば、ホームページ・ビルダーなどのホームページビルダーで、ページを作って、それを移植する方法もあります。でも、できれば、タグと呼ばれる英単語のような言葉を少し覚えてから取り組んだほうが、仕組みも理解できるし、長い目で見ると良い選択になると思います。

ネットでも勉強できるので「ホームページの作り方講座」などで検索すると、たくさん情報が得られます。今、通販をやっている人も、そうやってネットで勉強して作れるようになった人も多いです。

ちなみに、ショップサーブなどの開業サービスの場合は、ブラウザ上からページ作りができるシステムになっていますが、yahoo! shoppingの場合は「プロフェッショナル」という名前の通り、ある程度のスキルが要求されます。1ヶ月もみっちりやれば、だれでも扱えるようになると思います。