商材仕入れはギフトショーで

ギフトショー

この記事は約3分で読むことができます。

間もなく待ちに待ったギフトショーの季節です。福岡は6月に終わりましたが、最大の東京はまだです。チャンスがあればぜひ行ってみたいですね。

9月2日~4日 東京インターナショナル・ギフトショー
9月15日~16日 大阪インターナショナル・ギフトショー

ギフトショーはメーカーや商社の展示会って感じ。いろんな企業が商品やサービスを持ち寄って、各ブースでプレゼンしたり名刺の交換したり。

全然関係のない業種も多いですが、「これはネットで売れる!」というような商材を発見できる可能性があります。

最近は情報が早く、「売れる!」と思っても既に多数のネットショップで売られていたりすることもありますが、「2ヶ月に新発売になったんですよ。」と言った、まだネットには出回っていない(出回っていても少しの)商材なども見かけることがあります。

メーカーや商社、代理店(問屋)は、大口の取引先を見つけたいところもありますが、商品の性質やメーカーのコンセプトなどに共感してくれる店なら、規模に関係なく卸してくれる場合もあります。

出展している企業は、ほぼ100%ウェブサイトを持っています。ウェブサイトを見れば、新商品情報なんかも見られるわけですが、実物を見て触って、社長や担当者と顔を合わせて会話することで、文字情報以外の「見えない情報」を受け取れるところはお得

じっくり見たり触ったり、軽く会話する程度なら100社くらいは楽々まわれるんじゃないでしょうか。時間的には、もっと行けるとは思いますが、体力や集中力が切れてきますから適当なところで切り上げると良いでしょう。

結果的に商材が見つからなくても、見たモノ、触ったモノ、得た情報はすべて記憶(無意識含む)に刻まれることになるので、何かのアイデアのヒントになる可能性は大です。あ、名刺をお忘れなく。(→名刺は印刷通販ADPRINTが楽。)

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)