*

コインランドリー経営に興味が出たけど、あきらめた

公開日: : 最終更新日:2017/02/14 日記

この記事は約4分で読むことができます。

自動運営の神様が降りてきて「コインランドリーをやってみたら?」というお告げがあったのかなかったのか、急にコインランドリー(フランチャイズ)に関心が湧いてきました。

「一度作っておけば無人で運営できる」ので、半自動のネットショップより自動化が進んでいると言えます。とっても魅力的ですね。

そこで、コインランドリーのメリットやデメリットを調べてみると、いろいろ出てきました。

コインランドリー

◯決して高くないが安定した収入(月収20万くらい~?)
◯地域貢献方ビジネス
◯人件費不要
◯在庫は洗剤だけ
◯現金収入
◯景気に左右されない?

逆にデメリット

△それなりの費用がかかる(初期投資1000万~2000万)
△立地が重要なので市場調査に時間と労力がかかる
△参入障壁が低いので同業が近くにできると売上が落ちる
△初期投資の資金回収に3年から10年以上かかる
△リアル店舗のため故障やその他のトラブルがある(他のリアルと共通)

確かに、コインランドリーは使う人がいなくなるのは考えられないので景気に左右されにくい面はあると思います。

ただ、参入障壁が低い(誰でも参入可能)ので、同業が近くに開店すると確実に売上が落ちる点と資金回収に3年以上もかかるという点を見た時点で、やる気なくなりましたね。

ネットショップの初期投資(そもそも小遣い程度なので初期投資という感覚がない)の回収は早くて1ヶ月程度ですから、体質的に、かなり短期回収志向になってるんですよね。長期志向で株式売買をしている人などに向いてるのかな?と思いました。

こっちのフランチャイズ情報比較サイトに1件だけコインランドリーのFCがありますが、デメリットを考慮してなのか「年利15%の利回りをお約束」だって。確実にいきたいなら、こーいうのもアリかもしれないですね。

追記
2017年2月14日の記事では、『近年、郊外のロードサイドや住宅街を中心に、まるで雨後のタケノコのように増え続けている』とのことで、やはり副業として目をつけて始める人が増えているのでしょうか。このご時世を考えると、引退した金を持っている団塊の世代以上の人が老後資金のためにでもやっているのでしょうか。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170214-00000001-pseven-bus_all

ま、いずれにせよ、今の60代以上は、あり余るほどお金持っている人が多いですからね。先日は80歳のおじいさんが「お金が余っちゃって。。。」と何度も言っていました。ま、これは自慢でもなんでもなく、一通りの人間活動をしてきたわけですから、そりゃもう使い道ないでしょ。

後は、「ご子息に財産を譲るのと同時に国に相続税を収める」という、なんとも面白くない使い方を残すのみ、といったところですかね。そんなことより「若者(俺さん)に投資しなさい。返済義務なしという条件で。そのほうがよっぽど価値のあるお金の使い方だ。」なんて喉まで出てかかりましたが飲み込みました。



Adsense

関連記事

自販機的メーカー

自販機的メーカー

自販機メーカーじゃないですよ。 「自販機的」です。 自販機に対して、いくらお金をつぎ込も

記事を読む

NAVERのまとめサイト

SEOを考えた時のNAVERのまとめサイトについて

ご存知のように、NAVERのまとめサイトは、検索結果に頻出です。 何かと、上位に出てきますよね

記事を読む

ショップサーブ評判

騙されてはいけない!ショップサーブの評判

A「このシャンプー使うと毛が元気になるんだよ。」 B「へぇ~すごーい。で、あなたそのシャンプー

記事を読む

クーポン乱発で客単価UP

楽天アマゾンに学べ!クーポン乱発で客単価をアップさせよう

よほどのことがない限り使わない大好きな楽天お買い物中、ある異変に気づきました。それはクーポンです

記事を読む

no image

ネットショップで使えるフリーフォントまとめ

ネットショップのバナーやリンクを作るときに、大昔からお世話になっておりますフリーフォント作成者の方々

記事を読む

副業をする3つの理由

副業する理由は3つ

副業全盛の時代ですが、副業をする人の理由はまとめると3つになりそうです。乾いたタオル同様の脳で1分間

記事を読む

利回り

利回りを比較すると、やっぱりネット販売

「ポケモンGOで任天堂の株価が乱高下。」 「2015年7月に1ドル123円だったのが、2016年7

記事を読む

単発在宅ワーカー募集のその後

「クラウドワークスで仕事依頼」の最終回。 募集中はひっきりなしに応募が入ってきました。予想通り

記事を読む

株式チャート

ネットショップを金融商品と考えてみる

「好きなモノをネット販売する」というのも素敵だと思いますが、「好きなモノ」のない人にとっては、ネット

記事を読む

仕事スイッチ

仕事スイッチをいれるための方法を模索

日曜や祝日の夜ともなると、確実に仕事スイッチが入らないんですよね。 軽く調べてみたところ、仕事

記事を読む

Adsense

Adsense

サポートの品質
サポートの品質で企業の正体がバレてしまう。

ネットショップ1店舗の引っ越し先として検討していた某社。気にな

簡単に取れて稼げる資格
簡単に取れて稼げる資格

税理士の資格を取れば税理士として商売ができるけど独学では難しい

固定費0円
クレジット決済手数料が安い・固定費が無料や安いサービス5選

あっちこっちにネットショップを作っていると大変です。ある通販サ

5つの鉄則
ネットショップ成功の秘訣5つの鉄則

ビジネスとはあまり関連のない教育ジャンルで、とてもいい記事があ

スマホ対応レスポンシブ化
コーポレートサイト(会社ホームページ)のレスポンシブWEBデザイン化で儲ける方法

今ではほとんどの企業やお店がウェブサイトを持っているのは周知の

→もっと見る

PAGE TOP ↑