*

大企業、中企業、小企業とは

公開日: : 最終更新日:2016/09/10 ショップサーブ, 社会, 起業や開業

この記事は約3分で読むことができます。

知ってました?

中小企業庁ってのがあるんです。

同庁によると中小企業とは、製造業や卸売業、小売業、サービス業別に資本金やら従業員数やらでカテゴライズしてくれています。

例えば、ネットショップも含む、小売業における中小企業とは「資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人」ということになっています。確かに正解です。というか、小規模企業者(従業員 5人以下)の場合が大半ですね。

ただ、一応、これらはく国の定義であって、参考にはなります。でも、実際のビジネスの現場では、「中小企業」という分け方ではなく、大企業、中企業、小企業といった分け方をして、それぞれに対して戦略を立てていることも多いようです。場合によっては、もっと細かくわけてそうです。

そりゃそうですよね。人の性格が千差万別なのと同じく、企業も大きい小さい関係なく様々ですから、ざっくりとした分け方では、対策も立てにくいですよね。

うろ覚えですが、大企業は資本金に関係なく600人以上、中企業は200~600人、小企業は200人以下という感じだったと思います。その会社は、顧客としうて、ネットショップのような小規模企業者は対象にしていないので、100人以下の事業者は見込み客リストには載らないようです。いわゆるBtoBの企業です。

話はそれますが、この100人以下の事業者は、素人がBtoB起業のネタとして、わりと手がつけやすい部分だと思います。それこそ、「ネット販売に参入したいけど、それができる人材はもとより、予算もない。」そんな企業に、「安価に通販に参入できるプランを提案する。」など。

ソリューションというやつです。たいして儲からなくてもネットショップをそれなりにやっていれば、コンサルティングはできるようになります。ITコンサルというやつです。大企業相手ではないので、なんちゃってコンサルでも十分通用してしまうんですよね。

ネットショップ開業は単なる通過点」

そんな考えで、始めてみてはいかがでしょうか。

Adsense

関連記事

特商法オリジナル

特定商取引法をオリジナルページにしてしまう方法

ショップサーブのスマートフォンサイトでは、実は、「フリーページ」を使って特定商取引法のページを差し替

記事を読む

no image

ネット業界用語やテクニカルターム(思いつくだけ)

今時ネットショップを開業する場合ASPが常識です。でも、「HPBとかのPCソフトで作るもの』とか思っ

記事を読む

ハンコ作成

事業専用のハンコを作ろう!

最近は宅配便の受け取りもサインで良いし、役所で住民票や印鑑証明を取るのもテキトーなサインで良くなって

記事を読む

no image

ネットに出ていない副業を探せ

実は、ネットに情報が出ていない副業ってのもあるんですよね。別に怪しいビジネスとかではなくて、超まっと

記事を読む

ハミングバード

ハミングバードを知らないあなたは・・・

「ハミングバード」と聞いて「何それ?」というあなたは相当遅れています。本日学んだ専門用語、英語で言う

記事を読む

ネット通販の実情を垣間見るならこのサイト

モノを販売する物販ながら、一般の人の目に触れることのないネットショップ。実業なのか虚業なのかよく

記事を読む

条件

注文が入るようになるお店の前提条件

今年ネットショップをオープンした人も、相変わらず多いですが、見ていると商品点数が数点だったり数十点だ

記事を読む

やり方

2015年からのネットショップのやり方

10年前の2005年と2015年のネットショップのやり方はすっかり変わりましたよね。 2005

記事を読む

質問

この業界は1ヶ月にどれくらいのアクセスがあるのでしょうか?

間違いメールが届きました。送信者は、ショップサーブの契約を考えていて、こちらをEストアーと勘違いして

記事を読む

セット割

まとめ割り機能で客単価アップ(セット割引)

ショップサーブのまとめ割り機能の使い方講座2回目です。(使い方講座1回目) 前回は、いわゆる「

記事を読む

Adsense

Adsense

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

トップセラー
ここへきて、トップセラーの新規ユーザー急増中

ドロップシッピングの先駆けであり老舗の「トップセラー」を始める人が

SAKURA internet
sakura internetへのwordpress引っ越しと常時SSL化

気づけば「そんなブログやってたの!?」というブログを2つ発掘。それ

→もっと見る

PAGE TOP ↑