年収300万円以下なのに格安SIMを使わないのは、お金にだらしないと言わざるをえないかも。

格安SIM

この記事は約4分で読むことができます。

「お金ない~」って言う人いますよね。

年収が少ないのかというと、そうでもなく、それなりに生活できるレベルの収入がある。

でも、話を聞くと、さほどスマホを使わないのに、毎月8,000円とか1万円を支払っていると言ます。

いやいや~おかしいでしょう。

収入相応の通信プランを使いましょうよ。スマホに8,000円や1万円を使って、なんともないのには年収500万円以上です。

お金を気にする人は、格安SIMを使うのは当たり前です(個人的意見)。

例えば、トーンモバイル。これ↓

TSUTAYAのスマホTONE

通信速度は決して最速ではありませんが普通に使える通信速度です。

ウェブや地図もストレスなく使えますし、動画も普通に見られます。

スマホではなく、SIMカードだけを使ってパソコンで通信するヘビーユーザーも普通にできます。

モバイルノートPCで使っていますが、自分がTONEを使っていることさえ忘れています。

出費を気にする、コスト意識の高い人は格安SIMが基本です。

「スマホと言えば、ドコモやau、softbank以外ない。」と思い込んでいる人も多いようですが、時代はすっかり変わっています。

大手3キャリア以外に、スマートに通信を提供している企業がたくさんあるんですよね。

格安SIMとは違うのですが、ノマドワーカーとはじめとする、やバイルの通信速度を気にする人はWimax 2+ですね。

「ポケットWi-Fiを携帯しないといけない」というデメリットはありますが、多少の荷物になることを気にしない人にはベストチョイスですね。

DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン

モバイルながら固定回線を思わせるようなストレスフリーの通信品質です。

これも使っていますが、出先で容量の多いデータのダウンロードをすぐにしないといけないときや、すぐに調べものをしたいときなどは、「持ってって良かった。」と思っちゃいます。

息抜きでがっつり動画見たい時にもWimax 2+はよいですね。

逆に、中途半端はいやだ、とことんコストを抑えるぞ!という方には、DTI SIMです。月額600円ほどで通信環境が得られます。

この格安SIMは家族が利用していますが、こちらも、特に不満の声があるわけでもなく使えています。

個人的に使っていた時期もありますが「車の運転中にナビとして使えるかな??」と若干不安がありましたが、全然OKでした。

ちなみに、筆者はショップサーブを利用してECサイト(物販)を何店舗か運営しています。

普段はノマドワーカーなので格安SIMは必須です。