1商品にオプション10個まで設定可能

オプション

この記事は約3分で読むことができます。

ある商品を購入するときに、カートボタンの上に「カラー」や「サイズ」を選べるやつ(プルダウン)がついてるあれです。これをオプションと言います。例えば、商品がだるまの場合、購入するときに赤か青か黒を選べる機能です。

ショップサーブでは、このオプションが10個まで設定できます。これは、他社にあまりない機能ではないでしょうか。カラーミーでも2つまでですから、業種によっては、ショップサーブを選ばなければいけないこともあるでしょう。

さて、登録方法ですが、商品登録をする前に、「オプション登録」をしておく必要があります。今回のサンプルは「牛丼」にします。

牛丼のオプション例
(1)つゆだく率:100%、200%、300%
(2)トッピング:紅しょうが、生卵、天ぷら
(3)セット:味噌汁、ラーメン、カレー
(4)店員の愛想:良い、普通、悪い
(5)待ち時間:1分、10分、60分
~最大(10)まで

こんな感じで10個まで設定できます。そして、なんと、このオプションにそれぞれ料金を設定することもできるんです。例えば、つゆだく率100%は+0円、200%は+100円、300%は+500円とかです。

こんな感じになります。

オプション

サンプルでは面倒なので2つだけにしてみました。オプションが多い商品を扱っている場合は、ショップサーブのこの機能はめちゃめちゃ便利です。

オプションとは別にバリエーションという機能があるのですが、これはSKUを使うときに便利です。最小管理単位 (Stock Keeping Unit) の略です。

例えば、Tシャツと言う商品に対して「S」「M」「L」というサイズがあった場合、それぞれのサイズの在庫を管理する場合に便利です。通常のオプションでは在庫管理ができません。

ですから、在庫管理を使う場合はバリエーションを、丼ぶりモノのトッピング的な使い方ならオプションを使う、という選択です。こういった機能は使ってみて始めてわかるもので、契約前には、なかなかわかりませんから、参考にしてください。