youtuberで1万円稼げるか考えてみた。

youtuberで1万円稼ぐには

この記事は約5分で読むことができます。

2、3年前から「youtubeやってるんですよ。」と言う人に出会います。

で、「いくら稼いでるの?」て聞いてみると、1カ月に数千円から数万円。

まじか・・・

チャンネル登録者数とかしょぼいんですが、全然いいですよね。1万円でも収入があれば。

別に有名にならなくてもいい。

動画をほったらかしで、たとえ1万円でも不労所得が入ってくればありがたいですよね。

ジャンル探しは分析から

彼や彼女のyoutubeのテーマを聞くと、わりとニッチなジャンルです。

それでも、チャンネル登録数2000人とか3000人とかで、それなりの収入を得ているわけです。

そりゃ「私もyoutuberになりたい!」って思うんじゃないでしょうか。

別にヒカキンやはじめしゃっちょーになりたいなんて思わない。

ささやかな収入があれば老後の年金の足しにしたい。

狙いはニッチ。

ということは、再生されているジャンルを分析すれば、ニッチなジャンルが見つかるのではないか?というアイデアが思いつきます。

youtuberトップ100位の分析あったわ

youtuberのジャンルや人気動画などを解析をしようと思えば相当な時間がかかります。

でも、「やる価値はあるかも・」と思って、とりあえず調べてみたらフツーに、調べてくれているサイトがありました。

みんな考えることは同じですね。

どんなジャンルがシェア率高いの!?TOP YouTuberの再生数の多いジャンルを調べてみた!

いや~ありがたい(^人^)。

チャレンジ系が多いんですね。確かにおもしろいですね。

でも、チャレンジしたくないのでチャレンジ系はなし。

その他、キッズ系やVlog系、ゲーム実況、料理、グルメ、音楽などなど。

ん~参考になるような、ならないような。

全部興味ないし。

これを見て、ニッチなジャンルが思いつくかと言うと、思いつかない・・・

動画編集もしたくない

個人的に、絶対やりたくない仕事や作業のトップ3に入るのが動画編集。

ネット通販という仕事がら、どうしても動画の編集はあります。

商品のプロモーション動画です。

これが苦痛で苦痛で(・_・;)・・・

HTMLやCSSを扱うのは楽しいんですが動画だけはまじキツイ。

予算がある場合は外注しますが、海の物とも山の物ともつかないような、予算も付けられないような商材にお金はかけられませんから、インハウス(社内自家製)基本です。

仕方なく自ら動画編集するわけですが、「ストレスってこういうことなんだろうな。」ってのを感じるほど、つらい作業です。

というかパソコンのスペックが低すぎて動画編集が動かないんですよね・・・

だから、3時間4時間の動画編集が終わったら、「もう遊びに行く!」くらいのストレスです。

向き不向きと言う言葉があるように200%不向きな仕事。

「動画編集が好き」って人には向いてそうですね。

アイデアことごとく潰される

ぱっと思いついたのが、作業用のBGM。

何か作業に集中するときのBMGです。

ボサノバとかJAZZとかクラシックとかあるじゃないですか。

あ、でもこれは規約違反(著作権)ですよね。

次は、カフェやバー、ストリートなど雑音的な音源。

これも、わんさかある。

自転車や自動車で撮影して景色だけを撮影する。

そして、無料動画素材として提供する。

これも、すでに多数ありました。

ほんと皆さん、よく考えてやってますね。感心します。

youtuberあきらめネット販売集中

そんなわけで、同じEC業界とは言え、youtubeの世界はよくわからない。

よくわからない業界に手は出さないのが成功の秘訣。

見るだけで十分。

株式売買もやらなければ100%失敗なし。

餅は餅屋。

海のことは漁師に問え。

触らぬ神に祟りなし。

ネット販売のことは、ネット販売運営者に聞け。

結局、ショップサーブでネット通販を営む今日この頃。

ここ数年、ヤフーストアが調子良いですけどね。

ヤフーはほったらかしなので、ある意味不労所得ですが、しょせん棚ぼた扱いです。

いつ消えてもいいくらいのつもりです。

本店サイトはしっかり運営しなくては。