ショップサーブのテンプレートを使わずにオリジナルページを使う方法


ショップサーブは、オリジナルページを使えるところが、他社にはないメリットとのひとつ。

「ショップサーブのテンプレートは基本的にダサい・・・」

そうお考えの方も多いと思います。

ま、検索との相性は良いけど、できれば、自分で作ったページを使いたい。

そんな時は、FTPアカウントを作って、サーバーにオリジナルページをアップロードするだけで、独自のデザインのお店ページができます。

ショップサーブは初心者も多いので、そこまでやっている人は少ないと思いますが、こだわり派はやっていますね。

表示させるトップページを指定

さて、そこでひとつ問題になるのがトップページです。

トップページのファイルは「index.html」です。オリジナルページのトップページを「index.html」にしてしまうと、「更新」ボタンを押すと書き換えられてしまいます。

そこで、おさえるべきポイントは2つです。

(1)トップページはindex.html以外にする(index.htm、index.php等)
(2).htacceccでオリジナルのトップページを表示させる設定をする

これだけです。

これだけで、ショップサーブのカート機能だけを使ったオリジナル・ネットショップができます。

テンプレートのカスタマイズが面倒な方は、オリジナルのほうが楽かもしれませんね。

htaccessを編集する

(1)に関しては、ファイル名の変更だけで良いのですが、(2)は、htaccessファイルを書かないといけないです。手順は次の3ステップ。

ステップ1 FTPでサーバーに接続
ステップ2 「docs」内の「.htaccess」ファイルをダウンロード
ステップ3 .htaccessを書き換えて上書きアップロード

htaccess

初期のhtaccessの中身の一番下に、「DirectoryIndex index.htm index.html」(index.htmをトップにした場合)を付け加えます。

この一行の意味は、http://hogehogeshop.co.jp/にアクセスした時に、最初に表示させるのはindex.htmだ。(それがなかったらindex.html)」。

自動で書き換えられてしまう「index.html」ではなく、index.htmを優先せよ」ということです。

index.htmlのリンクを作らないこと

後は、各ページやカートの戻り先などリンクの設定では「http://hogehogeshop.co.jp/index.html」を指定せず「http://hogehogeshop.co.jp/」と指定しておきます。

これで、デフォルトのショップサーブ・テンプレートのトップページは、ネット上から葬り去ることができます。

index.htmlをリンクで指定すると、そのままそのページが表示されてしまうので注意しましょう。

ショップサーブ通常のサーバーのようにCGIやJava Script、SSIも使えるので昔ながらのショップ作りが可能です。

腕に自信がある人はチャレンジしてみて!