今さらメイクショップとショップサーブを比較してみた

メイクショップとショップサーブ比較

この記事は約5分で読むことができます。

ショップサーブ・メイクショップ比較
「隣の芝生は青い。」ってことわざがありますよね。

英語で言えば、The grass is always greener on the other side of the fence.

例えば、かわいい(はずであった)彼女や妻と一緒になったが、時が経つと他の女性のほうがかわいく見えてくる、というやつです。あるいは、自分は恵まれた環境で働いているにもかかわらず、別の会社の友人と話をしていると、その会社が自分の会社よりも良さそうに思えてくるあの感覚です。

そして、ネットショップ開店サービスのショップサーブを長年使っている身としては、他社サービスが青い芝生に見えてくることが多々あるわけです。倦怠期というか、「なんでオマエはそんなに遅いのか。」「オマエはそんなこともできないのか。」「オマエは成長するつもりがあるのか?」と悪いところばかりに目が行き嫌気がさして、ついつい浮気心が顔を覗かせるわけです。

というわけで、隣の芝生が本当に青いのかどうか?を「15日間の無料トライアル」制度を使って試すことにしました。Makeshop(メイクショップ)の機能を実際に使えちゃうサービスです。日本広しと言えど、こんなヒマなことをする人は他にはいないのではないでしょうか。

さて、トライアル申込後、実際に軽くお店を作る作業をしてみたところ・・・

トップイメージ画像の大きさ制限の表示はあるのですが横幅をどれくらいで作れば良いのかわからず、2、3回作り直すことでやっとハマったり(デフォルトでは960px)、メルマガ(グループメール)のテスト送信では、ボタンを押しても「送信されました。」ともメッセージがでないので、何度も押すとその回数分送信されていたり。

商品の表示非表示や新着、おすすめなど細かい情報を一括で変更できないのはちょっと痛いなぁ~。価格、アイコン、ポイント、在庫などは一括変更可。

とまぁ~機能が多いので、それぞれの機能について細かく親切な配慮はあまりなされていない印象でした。初心者にとっては慣れるために少々時間を要するかもしれません。電話サポートもあるようなのでフル活用すればなんとかなるでしょう。システム担当者さんもうちょっとがんばればいい感じですよ。

メイクショップ管理画面

「業界NO.1の多機能」という印象を持っていたのですが期待値が大きすぎたのか、飛びつきたくなるような機能はなかったです。ただ、長年使っているショップサーブと明らかに違うのは管理画面のサクサク度(これ重要)やメルマガのタイトルや本文にお客様の名前を挿入できる点、また、「商品別の売り上げ分析」や「売れ筋分析」などが通常の管理画面内でサクッと参照できる点です。。

通販開業システムとして、Makeshop(メイクショップ)ショップサーブは同等クラスに位置づけされるとは思いますが、「機能面や料金面で大差ないかな?」という印象でした。初心者だけど大規模ショップをやりたい場合はメイクショップ、FTPやテンプレートのカスタマイズなど玄人的に使いたい場合はショップサーブ、という個人的な結論になりました。(メイクショップはFTPなどの玄人系の機能はオプション。複数画像の容量も100M・・・)

実際、大差があるのであれば、「Makeshop(メイクショップ)はここが違う!」というUSP(Unique Selling Proposition)、つまり独自のウリ、差別化のポイントなどが全面的にアピールされるはずですが、それもないので、結局は「好みの問題」ということになりそうです。

という感じで、うちと隣の芝生の青さの比較をしてみましたが、数日だけの試用だったので、おそらくディープな部分まではチェックできなかったです。もしかすると、真実はとっても青いのかもしれませんが、さほど変わらないという結論にいたりました。細かい機能などのレビューはなしですが、こんな感じで参考になりますでしょうか。