クリックされる広告を作るのに役立つ7つの考え

落とし穴

この記事は約2分で読むことができます。

「広告見る→クリック→読む→買う」という流れを作りたいわけですが、いったいどういった広告を作れ良いのか。広告では7つのアピール方法があって、商品にあった方法を選択するのが良いですね。

1.限定をアピール (例)3個限り!40代の独身男性
2.希少性のアピール (例)10kgからわずか20gしか精製できない
3.逃避できることをアピール (例)彼氏彼女ができないで悩んでいるあなた
4.贅沢をアピール (例)2らんく上の、上質の、最高品質の
5.価格でアピール (例)爆安、赤字確定80%OFF
7.名声や地位をアピール (例)創業4万年、東証一部上場

このいずれかひとつに的を絞って、ターゲット層に話しかけるような言葉づかいをする。また、広告では謎を残しておいてサイトに誘導する。ユーザーの声をそのまま広告に挿入する。などといったテクニックもあります。

ただ、この辺の基本的なテクニックは「どこもやっている」ので、大差なくなってきてますよね。となると、あとはLPOでいかにアクションをしてもらうか、購入に導くか、といったところになると思います。

副業を検討中の30代の男性へ
副業で30代男性が落ちる3つの落とし穴とは。
「まさか自分が落とし穴に落ちるとは驚愕です。(33歳)」

といった感じですかね。

後は整合性のあるサイトに誘導。

売れるか?