無料体験2週間は短いのか長いのか。

無料体験

この記事は約4分で読むことができます。

無料体験

通販始めるならショップサーブ。ショップサーブ2週間の無料体験が、通販事業に本格的に参入する企業や個人によく使われます。

システムの無料体験は、どこの企業も提供しています。カラー・ミーショップ・プロは30日、easy my shop(イージーマイショップ)は60日と、それらに比べると極端に短いです。

ただ、短いのが悪いのか。不親切なのか。と考えると、そうではなさそうです。

というのも、ネットショップに商品を登録したり、デザインや操作性を試したりするのに2週間もあれば十分だから。あくまで「使い勝手」を確かめたり「特性」や「自社に合うかどうか」を確かめる期間です。

逆に、2週間以以上必要な人は?と考えると、それは相当な初心者でしょう。例えば、パソコンを初めて使う人や、普段使っていてもキーボードを人差し指でしか押せないような人でしょうか。そういった人は、1か月、2か月かけてパソコンにも慣れながら、通販システムを試すのには良いと思います。

でも、企業の場合、時間もコストですから、通販を始めるのに、わざわざアナログな人を担当に置くなんてことはまずありえない。ある程度「できる」人が担当になるので2週間もあれば十分というE社の判断なのかもしれません。

また、easy my shop(イージーマイショップ)のように2か月もあると、たっぷりあるから余裕をこいて、のんびり過ごしてしまいます。そして、気が付けば期限直前になっていて、ほとんど試していないことに気づいてしまうのです。そんな経験ありますよね。

ネットショップの構築は短期集中。運営もできる限り早いほうが良いです。とにかく早く市場に出さないと、売れるものも売れませんから。ちんたらしているうちに事情も時代も変化します。時代は変わりましたね!

まずは、一日たったの3時間x14日=42時間。

1日7時間フルタイムで、「月曜から土曜まで」って考えると十分すぎるんじゃないでしょうか?

必要な情報(送料や事業者名、住所など)の入力、商品の登録、最低限のバナーなどを掲載していっても、時間はあまりそうです。

あと、クレジットカードの利用を申し込んで、審査にパスして使えるようになるまで、さらに2週間くらいかかります。(完全な個人でもクレジット払いは使えますよ!)お店を始めるのに、決済関係は特に急ぎたいポイントです。

ネットショップにもいろいろあって、店舗ビジネスがメインなので、「通販はオマケ(になればいい)」くらいな感覚でとらえているお店さんなんかもあります。

知人にも何人かいますが、そういった人の多くは、のんびりタイプの性格が人が多くて、「2週間でスピーディーに試す」というのには向いてなさそうです。

短期で集中できるタイプなのか、のんびりタイプなのか。それによって、2週間が短いのか長いのかが決まりそうですね。