個人で使う銀行は新生銀行が最強っしょ!

新生銀行

この記事は約5分で読むことができます。

当店のスタッフが以前働いていた楽天市場に出店している会社は、地域の信用金庫をメインバンクにしていたそうです。

そしてパートスタッフ全員、給料の振込先として、その信用金庫に強制的に口座を作らされたそうです。

信用金庫の口座とか、、、

絶対作りたくないよね・・・

そんな気持ちを無視し、企業側の都合、つまり、振込手数料を節約するためだけに、パートさんに信金口座を強制的に作らせるとい暴挙を働いているそうです。

ほんとうに、お気の毒です。

さて、そんな企業都合で、パートさんに、好きでもない、自分の選択でもない口座を作らせるような企業がある一方、口座は自由という素敵な会社もいっぱいあります。

というわけで、振込手数料が、そもそも安いジャパンネット銀行(JNB)をメインバンクとしたうえ、パートさんには、それぞれ自分たちが普段使っている口座を登録してもらうのがオススメ。

JNBの3万円以上の振込手数料は270円です。都市銀行や信金などは、ほぼ432円ですから、実に40%OFFです。これで十分でしょう。

振込手数料をゼロにできれば企業はお得ですが、パートさんには超不便を強要するこになります。

給料日には、わざわざ信用金庫のATMに行って現金を引き出して、自分のメインバンクに移し替える」という作業をしなければいけません。

人生の無駄遣い。。。

ただ、スタッフ皆さんの口座を見るとUFJとか三井住友とかゆうちょとか。

まだ、そんな銀行使ってるの?(都市銀には失礼な言葉ですが!)

「個人口座は新生銀行が最強なのに、なんで使っていないの?」と疑問に思います。

キャッシュカードのデザインはダサいけど、最高に使い勝手の良い銀行。お金が貯まる銀行!

新生銀行については15年前から当サイトでも紹介してきました(屋号口座が作れないけど、個人レベルで使うには超便利で安い。)

新生銀行から営業を委託されているわけではないので、執拗な勧誘ははしませんが、「使いやすい銀行はどこでしょうか?」と聞かれたときは、「当然、それは新生銀行でしょう。」と答えています。

なぜなら、最大のメリットは「ATMが、ほどんどない。」ってことです

新生銀行の純正?のATMは主要な都会にしかないんです。

でも、同行専用のATMは少ないですが、どこにでもあるコンビニが新生銀行のATMになるんです。

そこが最大のメリット。

しかも、引き出し&預入れ手数料無料*

そして、ネットバンキングでは、家賃などの振込手数料も月5回まで無料*。

毎月給料日にATMに並んでいる群衆を見かけますが、(もしかしたら、あなたも、まだ、そこに並ぶ系の人かもしれませんね、)、新生銀行を使えば行列卒業です。

いつでもどこでも、好きな時にコンビニから、サクッと手数料無料*で現金を引き出せます。

たまに、日曜の夜中など、メンテナンスか何かで使えないことがありますが、ほぼ24時間、365日無料、コンビニATMが無料で使えるわけです。

このご時世、銀行に100万、1000万と預けていても利息はほぼゼロ。

なのに、コンビニで現金を引き出すたびに100円200円と手数料を取られていては、たまったもんじゃないですね。

資産の無駄遣い。。。

「お金がない。」なんて嘆く人に限って、こういった小さな無駄出費してるんですよね・・・

そんなわけで、個人口座としての新生銀行は最強だと思いますがいかがでしょうか。

ちなみに、旅行好き、出張族でANAを使うことが多い人は、同行とは相性が良いです。

新規口座で300マイル、たった3か月の定期で300マイル、使いやすい外貨預金(円からドルとか)で10000マイル!など、マイルを貯めたい人にはもってこいの銀行です。

新生銀行は、主要都市(東京、横浜、名古屋、大阪等)に店舗があります。店内は、一般的な銀行とは全然違う作り、雰囲気でで楽しいですよ。ぜひ一度お試しあれ。

*新生ゴールド・新生プラチナの場合(口座残高が100万円以上、などハードルは低いので、そこはクリアしておきたいですね。)