*

売れる商品の見つけ方。ときにはドブ板営業的に。

公開日: : 最終更新日:2019/05/18 ネットショップの仕入れ

この記事は約5分で読むことができます。

売れる商品探しはドブ板リサーチ
ドブ板営業って・・・

過去数年、口語でも使ったことのない「ドブ板(営業)」という言葉。簡単に言えば、「かたっぱしから営業しまくる。(体育会系的に)」という意味です。売れる商品の見つけ方も、たまには、このようなドブ板リサーチで思わぬ出会いがあることもあります。

今は、トップセラー(topseller)NETSEA(ネッシー)なんかを使って、気軽に、ネットで仕入れてネットで販売するのが当たり前になりましたが、最初に、売れる商品や売りたい商品を見つけるには、ネットは若干使いにくいんですよね・・・・(見つけた後の発注などは楽ちん)

例えば、新聞をイメージしてもらうとわかりやすいと思いますが、ぱっと見開いて、一瞬で視覚的に情報が得られる量は、パソコン画面や、ましてやスマホ画面とは比べ物になりません。

そしてメーカーカタログ。

12ページなり64ページなりあるカタログの情報量をさっと見る時間と、それ相当のネット情報を、クリックやスクロールを繰り返しながら見る時間を考えても、雲泥の差があります。

さらに展示会、1時間歩くだけで、ネット検索20時間分くらいの情報は得られるのではないでしょうか。しかも、2Dではなく3Dで情報が得られます。

つまり、新しい商材の情報を集めたり、リサーチしたりするのは、ネットよりリアルのほうが良い場合があるんです。

今回、春ということで、メーカーカタログ最新版を50社分くらい取り寄せて片っ端から見ていきました。ドブ板リサーチです。

結果、99.9%の商品は、すでに、他店が販売していたり、売りたいとも思わななかったりするものでした。

でも、1%。ありました。「これは!」というのが見つかるもんなんですよね。1週間、集中的にカタログを見ました。ただし、ドブ板リサートは言うものの、そんなに肩ひじ張って、血眼になって探したわけではないです。適当なカタログ2、3冊携行して暇つぶし感覚でパラパラ見るだけです。

気になった商品は、その都度検索して、どこで(アマゾン、楽天、ヤフー、自社サイト等)どの程度の価格で販売されていて、どの程度売れているか(レビュー数が参考になる。)を調べます。(商品によっては、メルカリやヤフオクも見ます。)

レビュー数が、がっつりついているような商品は、わりと売れているので、ほかにどの程度販売店があるかを調べてみます。楽天で10店舗以上出てくるようなら、その商材は「今さら」なので手は出さないです。でも、3、4店舗なら一応ドッグイヤーしておきます。

最近はよくありますが、卸価格レベルで小売りされている商品は問答無用で捨てます。

気になった商品で、レビューもなく、価格もほぼ上代、いかにも売れてなさそうなモノを見つけたときがラッキーチャンスですね。レビューもついていない場合は「売れない商品」の可能性はありますが、「まだ注目されていないポテンシャル(売れる可能性)のある商品」とも考えることができます。

そんな中、「イケてるかも?」という商品を見つけたので、(1)販売(ライバル)店がないこと、(2)ある程度キーワード検索数もあること、以上2点を確認したので、最小ロット(3万円程度)で仕入れて、ショップサーブ内に新しいカテゴリとページを作成して販売し始めたところ、、、

掲載して2,3週間でしょうか。1件、ご注文を頂けました。とりあえず、読みは間違っていなかったとホッとしましたが、この先は読めません。

そんな感じで、物販業(雑貨系)でかつ、目利きはあまりできない人の商材探しの方法をお届けいたしました。参考になれば幸いです。


Adsense

関連記事

条件

注文が入るようになるお店の前提条件

今年ネットショップをオープンした人も、相変わらず多いですが、見ていると商品点数が数点だったり数十点だ

記事を読む

FOBとCIF

FOBとCIFの違いはこの説明がわかりやすいんじゃない?

ネットショッピングをしたことがない人はいないと思いますが、その時に出てくる「送料無料」あるいは「送料

記事を読む

商材選び

ネット販売商材選び5つの着眼点

ネット販売を始める場合、商材が決まっていない場合、まずはその売るものを決めるわけですが、着眼点を5つ

記事を読む

客注

客注とは「取り置き」「取り寄せ」「予約」のこと

「上代」という言葉を知らない頃に「上代は○○円だから」なんて聞いて「じょーだい???何それ?」と聞い

記事を読む

せどり

実際にやってる変なネット販売の手法

ある商品Aを仕入れたいと思ったので、とりあえず、BtoBサイトで有名な未確認動物「ネス湖の怪獣 」で

記事を読む

仕入先を聞かれたら

お客様に仕入れ先を聞かれた場合

ネットショップをやっていると、必ずくる問い合わせのひとつが「仕入先を教えてほしい」「メーカーはどこで

記事を読む

no image

あらためてネットショップのメリット7つとデメリット

2016年、ネットが普及し始めて20年以上です。ほぼ20年以上ネット販売をしているってのも変な感じも

記事を読む

100均のネットショップ

100円均一(百均)のネットショップ

100均のネットショップってないと思ってたけど、ありましたね。しかもそこそこの数が。百均といえばダイ

記事を読む

契約書

卸をする場合の契約書はいるのか?

「これまで小売のネットショップをやってきたが、オリジナル商品を作ったり輸入したので卸したい。」

記事を読む

仕入れメール

仕入れをお願いするビジネスメールの書き方

仕入れをお願いするこをと正式には「新規取引のお願い」と言います。だからと言って、ビジネス文章の文例な

記事を読む

Adsense

Adsense

サポートの品質
サポートの品質で企業の正体がバレてしまう。

ネットショップ1店舗の引っ越し先として検討していた某社。気にな

簡単に取れて稼げる資格
簡単に取れて稼げる資格

税理士の資格を取れば税理士として商売ができるけど独学では難しい

固定費0円
クレジット決済手数料が安い・固定費が無料や安いサービス5選

あっちこっちにネットショップを作っていると大変です。ある通販サ

5つの鉄則
ネットショップ成功の秘訣5つの鉄則

ビジネスとはあまり関連のない教育ジャンルで、とてもいい記事があ

スマホ対応レスポンシブ化
コーポレートサイト(会社ホームページ)のレスポンシブWEBデザイン化で儲ける方法

今ではほとんどの企業やお店がウェブサイトを持っているのは周知の

→もっと見る

PAGE TOP ↑