*

yahoo! shopping サイドナビの編集

公開日: : 最終更新日:2016/11/08 CSSやHTML、CGI, ネットショップの作り方, ヤフーショッピング・作成講座

この記事は約3分で読むことができます。

サイドナビ
動画付き解説版できました~

デザイン設定で、「とりあえずお店らしく」と考えた場合、ヘッダー、トップページ、そして、サイドナビ(サイドナビゲーション)をオリジナルに変更しておけば、「とりあえず」それっぽくなります。

今回は、サイドナビ。

ヤフーショッピングのサイドナビの幅は200px(デフォルト/初期状態)なので、この大きさのボタンを作ります。縦の大きさは任意ですが、カテゴリの数が多い場合は、できるだけ高さを押さえて、平たく作って、カテゴリ数が少ない場合は、大きく、見やすく作ると良いでしょう。

オンラインのボタン作成サイトで作ってみました。

Tシャツ
パンツ
キャップ
アクセサリー

フォトショップなど、画像編集系のソフトを使える場合は、そちらで作れば良いのですが、「なにも持っていない!」という場合は、こういった無料で使えるオンラインソフトを使うと便利です。

とにかく、技術力のない初心者のときは「それなり」で良くて、「かっこいいボタンにしたい」とか「おしゃれなデザインにしたい」といった欲は捨てるのがコツです。

画像ができたらアップロードしておきます。そして、ストエディタのサイドナビの「パーツの並べ替え」の箇所で「ストア内商品カテゴリ」を左側に捨てます。画像化したカテゴリは「フリースペース1」にHTMLタグを書きます。

<a href=”カテURL”><img src=”アップ画像”></a><br>
<a href=”カテURL”><img src=”アップ画像”></a><br>
<a href=”カテURL”><img src=”アップ画像”></a><br>
<a href=”カテURL”><img src=”アップ画像”></a><br>

ボタンとボタンの間にスペースを入れたい場合はTABLEタグを使うと良いです。

ボタンメイカー
http://box.aflat.com/buttonmaker/

※人気ページ
ヤフーストアのカテゴリをバナー画像に置き換える方法



Adsense

関連記事

体験談

ヤフーショッピングに出店してみた体験談。その結果は・・・

ありがちな、興味を引くタイトルですよね~。 もちろん、出店してみたのでアルにその体験談です

記事を読む

手書き風フォント

お客様の声は手書き風フォントで書き換える

いい内容のお客様の声をメールでもらっても、そのままテキスト文字で表示すると味気がなくなるんですよね。

記事を読む

有名ASP

本気でネット販売を始める人に有名ASPをすすめる7つの理由

企業さんに通販システムを聞かれた場合、だいたい、ショップサーブをすすめています。ショップサーブは、ネ

記事を読む

no image

初心者は安易にワードプレスを使うな

脆弱性(ぜいじゃくせい)の話です。脆弱性とは、簡単にいえば弱点のこと。その弱点をつかれても、軽い痛み

記事を読む

ゲーム

ネットショップはゲーム。みんなビビりすぎ。

ホリエモンが「みんなは起業にビビりすぎ。」と言ったそうです。何かの記事で、見出ししか見てませんが。ネ

記事を読む

自作ショップ常識

自作ショップ構築ファイル構成の考え方

自作構築をする場合、知らないと後で「トンデモない事態」を引き起こしかねないががファイルの構成。(商品

記事を読む

CS-CART

新種発見か?レスポンシブ対応CSカート

サーバーにインストールして使うCS-CARTというカートプログラムを発見。 レスポンシブ(端末

記事を読む

大人専用

難しいことはイヤ!簡単にオリジナルロゴを作りたい。

ネットショップをやっていても、ロゴ作成だの写真編集だの、面倒くさくなるんですよね。いちいちソフトを立

記事を読む

ヤフートップ

yahoo! shoppingのトップページはどうやって作るのですか?

無料で、しかも、地方の父ちゃん母ちゃんでも出店できてしまうyahoo! shopping。ライト出店

記事を読む

メールフォームCGI

レスポンシブ対応メールフォームCGIを設置した

ショップサーブのメールフォームが気に入らないので、レスポンシブ対応の無料CGIメールフォーム

記事を読む

Adsense

Adsense

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

トップセラー
ここへきて、トップセラーの新規ユーザー急増中

ドロップシッピングの先駆けであり老舗の「トップセラー」を始める人が

SAKURA internet
sakura internetへのwordpress引っ越しと常時SSL化

気づけば「そんなブログやってたの!?」というブログを2つ発掘。それ

→もっと見る

PAGE TOP ↑