yahoo! shopping ヘッダーの作成

この記事は約2分で読むことができます。

「ストアデザイン」→「看板」(←ヘッダー画像のこと)

全体の設定で入力したお店ページの幅(900px等)のヘッダー画像を作ります。ヘッダー(看板)はお店の顔ですから、イメージやコンセプトにぴったりマッチする画像を作りたいところ。デザインは、すでに出店しているお店を参考に作ると良いでしょう。

ヘッダー画像の縦の幅は適当です。最大でも150pxくらいまでが良いのではないでしょうか。あまり大きすぎると存在感がありすぎて、ページが変わる度に主張してきてウザくなります。

お店のコンセプトによって、ヘッダーに配置するメッセージなどは異なってきますが、一般的には次の項目について入れておきます。

1.お店の名前
2.USP
3.送料
4.支払方法
5.発送までの時間

ヘッダー

ショッピングモール内の1店舗なので、お店の名前よりもUSP(Unique Selling Proposition)のほうがむしろ重要ではないかと思います。たくさんのお店が出店しているわけですから、「他と何が違うの?」という点をアピールしたいですね。

操作方法ですが、ヘッダーについては「画像」のみの他、「HTML」も自由に書くことができますが、ここではあくまで、「とりあえずお店らしく」仕立てるのが目的なので、「画像(タイプ2)」にチェックを入れて、作成した画像をアップロードします。ヘッダー画像のどこをクリックしても、トップページに戻るように自動的にリンクが挿入されます。