*

難しいことはイヤ!簡単にオリジナルロゴを作りたい。

この記事は約2分で読むことができます。

ネットショップをやっていても、ロゴ作成だの写真編集だの、面倒くさくなるんですよね。いちいちソフトを立ち上げてどうのこうのと。そこで、ちょくちょくお世話になるのがオンラインロゴ作成サービス。

もちろん、無料。

まずは、これ。

(1)http://ja.cooltext.com/

お好みのフォント(スタイル)を選んで、ブラウザ上で文字を打ち込むだけで3秒ロゴ作成。105種類ほどのフォントが用意されていますが、日本の場合は、イメージ通りにならないは仕方ないところでうs。

アクセサリーショップの店名(例)を作ってみた。
アクセサリーショップ

次はこれ。

(2)http://www.flamingtext.com/

こちらは、なんと440個。

とりあず、目についたフォントで作ってみたのがこれ。燃え具合をメモリで簡単に調整できるのが画期的。こちらは著作権表示が印字されてしまうのがちょいと残念です。

本気で遊ぶ

最後。

(3)http://lightbox.on.coocan.jp/html/fontImage.php

こちらは、日本語フォントに強いのでショップ名に漢字やカタカナ、ひらがななどを使っている場合に便利です。作成手順はやや面倒ですが、理想的なロゴの作成ができるかもしれませんね。

思いつきキャッチコピー。

大人専用

こうして見てみると、ド素人が変にイラストレーターやロゴが作成できるソフトを使って作るよりクオリティーは高い感じがしますね。お店のロゴなんか、こんなので十分だと思いますけどね。

大事なのは、ショップ名の内容と、そのイメージに合ったフォントを選ぶことでしょうか。

 

 

 

Adsense

関連記事

no image

「専任の担当者が徹底サポート」に物申す

「ショップサーブのウェブサイトのリニューアルをネタに」シリーズ。今回は、「専任の担当者が徹底ポート」

記事を読む

動画で売上アップ

使用例や使用感の動画満載で受注率アップ

少し前の日経MJに『パナソニックが新商品(衣類スチーマー)のマーケティングで動画を多用したところ、「

記事を読む

呪縛からの開放

無料当たり前という固定観念の呪縛かの開放

ネットショップを開業している人にとっては、当たり前のASP(通販システム)。かつては、「無料で作る」

記事を読む

no image

長時間作業に集中したい時にはクラシック

「この3時間で、ショップサーブの商品ページの作り込みと、ブログを2つ書いておきたい。」と気合を入れた

記事を読む

スマホだけで開店

スマホだけでネットショップが開店できるようになった

スマホやタブレットが普及し始めたころから、「タブレットだけでネットショップが開業できますか?」なんて

記事を読む

アンドロイド

アンドロイドではショッピングサイトを製作しない

スマホしか持っていない人は、ショッピングサイトの仕組みを知らないかも知れないですね。

記事を読む

no image

大学生も正直な商品説明を

新卒さんの集団を見かけました。おそらく、どこかの会社の入社説明かか何かの出席したあとの帰りなのかもし

記事を読む

スライダーで賑わい感

紙芝居のように画像が入れ替わるパーツの正体は「スライダー」

ネットショップのヘッダーなどで、同じ場所で写真が自動的に入れ替わるパーツを「スライダー」と言います。

記事を読む

トップページ

トップページの編集手順について考え中

ヤフーショッピングにかぎらず、トップページはお店の顔ですから「それなり」に作りこんでおきたいところ。

記事を読む

モーダルウィンドウ

ページの移動なしその場で子ウィンドウを表示できる「モーダルウィンドウ」

modalは英語で「形式上の」「形態上の」という意味ですが、modal window(モーダルウィン

記事を読む

Adsense

Adsense

ECサイト運営者の思い込み
ECサイト運営者の間違った思い込み。。

「コンテンツマーケティング」と言う言葉もすっかり馴染みましたが、その重

メディアEC
ネットショップの基本「メディアEC」

ここ数年、コンテンツマーケティングとかメディアECという言葉が取り

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

→もっと見る

PAGE TOP ↑