*

ブログネタに困った時のためにやっておくべきこと

公開日: : 最終更新日:2017/02/03 日記

この記事は約2分で読むことができます。

ブログで記事にできるほどのネタってなかなかないです。

でも、ツイッターのように、つぶやきネタならけっこう頻繁にあります。

そーいうつぶやきをストックしておいて、まとめて、というか「羅列して代替記事として上げる」というも、たまには許されるでしょう。ええ、許されますとも。

「やっておくべきこと」なんて、いかにも誰にでも役立つようなタイトルですが、ただのマイルール。

というわけで、ヒマな人はつぶやき一覧をどうぞ。

・気づけは9月半ば!早っ!

・1週間でもオフの旅に出るとネット感覚を取り戻すリハビリに2~3日かかることを知る。

・Gメールの迷惑メール・フィルターの精度が格段に向上して助かる。

・ちょっと外に出かけただけで商材4種発見!仕入れはリアルに限る。

・仕入れ先の担当者と仲良くなっていく過程がなかなか楽しい。

・以前、電子書籍で盛り上がったけど、結局、使ってない。まるで健康器具。本も雑誌も、やはり紙が良い。流行りものに手を出すのは控えよう。

・ネットショップ開業なら、なんたってショップサーブ。今年も絶好調。

・FACEBOOK、例え友人でも、子供の写真の連続投稿は勘弁して欲しい。。

・営業は楽しい。絶賛営業マンなう。

・電車の中でみんなスマホ。自分もそのうちのひとり・・・スマホ内の統計をみると、12時間の間に5時間もスマホをさわっていたらしい。今どきのオッサンか。

・年に1回あるかないか、メールの相手を間違い焦る・・・

・人には絶対見せられないLINEの友達とそのトーク内容。

LINE

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)




Adsense

関連記事

フェイクなのかリアルなのか

フェイク卸価格なのか?あるいは、リアル卸価格なのか?

客をバカにしてるのか! ってお客様に怒られたことがあります。 内容は詳しくおぼえてな

記事を読む

wappy

「ワッピーぬいぐるみ」をもらい損ねる

このブログは、2014年5月にWADAXからレンタルサーバーさくらインターネットに乗り換えました。も

記事を読む

ウェルカム

入会も退会もウェルカム式が良いサービス

海外のサイトのニュースレター購読をしていたのですが、実は、不覚にも間違って登録してしまったやつです。

記事を読む

サクセスストーリー

倒産寸前からのサクセスストーリー

https://netshop.impress.co.jp/node/5191 この記事良いで

記事を読む

ネッシー

やっぱネーミングは「ネッシー」ですよね~

少し前にお知らせメールが来て気になってました。 株式会社ディー・エヌ・エーが運営する、BtoB

記事を読む

その他大勢から抜け出す

その仕入サイトの商材がパッとしないのには理由があった?

3月のアクセスキーワードを見ると「仕入れ」関係のワードが多いです。仕入れもいろいろあるので一概には言

記事を読む

リダイレクト

検索ランクも高く流入は多いがCVRが低いので別ページを見せたい

「このページ、こんなに人が来てるのに、なんで注文はこれだけなの!?」 あるあるです。

記事を読む

個人法人

個人と法人の違い(ネットショップの場合)

法人と個人事業の違いとか、メリット・デメリットとかは、検索するとたくさん出てくるので省略して、ネット

記事を読む

EC市場伸びていた

ネット通販市場、予想に反して実はドンドン伸びていた。

いろんな販売サイトをやってきましたが、ここ10年で見てみると、新しく立ち上げるサイトより、捨てる

記事を読む

円グラグサムネイル

2015年のブラウザ利用状況とユーザー端末環境の行方

ショップ運営者としてときどきチェックしたいのが、ユーザー(訪問者)の利用しているブラウザや端末の情報

記事を読む

Adsense

Adsense

サポートの品質
サポートの品質で企業の正体がバレてしまう。

ネットショップ1店舗の引っ越し先として検討していた某社。気にな

簡単に取れて稼げる資格
簡単に取れて稼げる資格

税理士の資格を取れば税理士として商売ができるけど独学では難しい

固定費0円
クレジット決済手数料が安い・固定費が無料や安いサービス5選

あっちこっちにネットショップを作っていると大変です。ある通販サ

5つの鉄則
ネットショップ成功の秘訣5つの鉄則

ビジネスとはあまり関連のない教育ジャンルで、とてもいい記事があ

スマホ対応レスポンシブ化
コーポレートサイト(会社ホームページ)のレスポンシブWEBデザイン化で儲ける方法

今ではほとんどの企業やお店がウェブサイトを持っているのは周知の

→もっと見る

PAGE TOP ↑