« もしもドロップシッピングに挑戦 | メイン | 安全志向派向け定期預金 »

2008年08月08日

Makeshop利用通販サイト

ネットショップはレンタルサービスを利用するのが常識。

日経MJ2008年7月16日付の「にぎわう専門通販」は、千葉県のまくら専門店。2004年のオープンですが、やはり当時は自作していたようです。自作ページとkent webのショッピングカートCGI(web mart)

自作では、サイトの更新をはじめメンテナンスに手間がかかりすぎて、肝心のマーケティングや販売、顧客対応に力が注げません。その結果、すごい働いているわりに、売上面では成果の出ないショップになってしまいます。

例えるなら、自動車のメンテナンスについてはすんごい技術をもっているんですが、いつまで経っても若葉マーク。そんな感じですね。修理屋さんになるなら話は別ですが・・・

現在は、同店のサイトのシステムは(CMS)レンタルサービスであるMakeshop(メイクショップ)に移行しています。大手もレンタルの時代ですね。

このCMSはよく知りませんが、年商2億にも迫る企業が選んでいるわけですから、借りて失敗、なんてことは少ないのではないでしょうか。

携帯でショップを開くなら「MakeShop」