*

予約システムはアプリ開発よりCGI

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 ネットショップの作り方, ネットショップ運営

「予約のシステムを使いたい。」というのはネット系の企業よりもリアルのビジネスのほうが多いかもしれません。例えば、飲食店や美容室、整骨院、貸し会議場などがいろいろあると思います。そういった企業が予約システムを導入する場合2つに分かれそうです。

(1)アプリ
(2)Webアプリ
※「アプリ」の正式名称は「アプリケーション」

(1)は、スマホにダウンロードして使います。(2)はパソコンやスマホのアプリのSafariやChromeを窓口にしてWeb上のアプリを利用します。どちらもメリット・デメリットはあります。費用も違います。費用は特に桁違いです。アプリは100万200万というのが当たり前の世界ですがWebアプリは数万円~で作れます。

運用コストは金銭的、時間的な面で考えると、スマホアプリの場合、一度作ればそれでおしまいかというと、OSのアップデートなどで、その都度変更を加えなくてはならず、不定期でコストがかかります。Webアプリも、基本的に一度作ればおしまいというわけではないのですが、アップデートの間隔が相当長いです。

例えば、10年前に作ったショッピングカートCGIというWebアプリは、2015年でも稼働中です。パソコン専用ですが、パソコン専用のままで良いなら、とりあえず無期限で利用できます。かかっているコストは、アプリを動かすサーバー代だけです。月額100円程度からですね。

「整骨院をやっているが予約システムを入れたい。お金はあまりかけたくない。」そんな時、「アプリ開発」という選択しか知らないと、費用めんで損をするかあきらめるか、アナログに頼るか。でも、Webアプリという選択肢を知っていたらなら、数万円程度で、整骨院もお客さんも使いやすいシステムができる可能性があります。

予約システム程度なら「CGI」や「PHP」を使ったアプリでほとんどのことができます。プログラミングの技術を持っている開発業者に依頼して作ります。何社かピックアップして見積もりをとって、価格とサービス面を比較して選ぶと良いでしょう。価格はちょっと高くても、ド素人のユーザー相手に親切に対応してくれるところが良いのではないでしょうか。

PS
週に1、2回予約をとっていく店があるんですが、予約やキャンセルは、なんと、このご時世「電話」なんです。もうありえないです。ウェブ上で予約状況は見られますが、「電話」ですから、リアルタイムではないんですよね~。「○(空き)」をウェブで確認して電話したら「ごめんなさい~埋まりました~」って。

ただの客ですが、予約関係を再構築したいものです。「いまだに電話で」に不満を持っているユーザーに対して「Web VIP会員のご案内」として、ウェブ上から予約やキャンセルができる。「電話」会員よりも1ヶ月早く予約が取れる。前もってクレジットカードで支払いもできる。ポイントが「電話会員」の2倍。関係者だけのイベントに特別ご招待などなど。」

月会費わずか500円。200人獲得できるとして、10万円の売上(基本利益100%)。年間120万の売上。予約システムの開発予算は50万以内。5ヶ月で元が取れます。獲得会員が予測を下回っても1年ではペイできるでしょう。2年めからは不労売上120万ですがな、社長。

Adsense

関連記事

なブログ終了

「なブログ」サービス終了で独自ドメイン所有の重要性を痛感

ブログでネットショップを作るというコーナーから、ブログサービスの「なブログ」へ移動すると、「サービス

記事を読む

マグカップ

画像検索対策が手薄な店が多いみたい

商品を探すときに画像検索を使う人も多いと思います。でも、その画像検索の結果を見ても、同じような写真ば

記事を読む

アンカリング効果

そのテクニックには心理学の名前があった

ページ作りや商品構成を考えてるときに、普通に使っているあのテクニックやこのテクニック。 実は、

記事を読む

人材

採用したい人材採用してはいけない人材

採用って難しいですよね。考えれば考えるほど難しくなる・・・ ズバリ採用したくない人はこのタイプ

記事を読む

ネットバンキング

ネットバンキングが使いやすい銀行と使いにくい銀行

「あほか。」と言いたくなるダイレクトバンキングのシステムってありますよね。セキュリティーを高めるのと

記事を読む

TVショッピング

テレビショッピングは販売の仕掛けなど見どころ満載

テレビショッピングと言えばショップチャンネル。日本初のTV通販番組として1996年に設立された会社で

記事を読む

画像の切り抜き

画像の切り抜き方

AdobeのPHOTOSHOP(フォトショップ)など、写真編集のテクニックのひとつに「切り抜き」とい

記事を読む

オリジナル商品を作る目的で開店

「オリジナル商品は自由に値段が付けられるし、他で販売もしていないので価格競争にもならないから良い。」

記事を読む

SSLいい加減

問い合わせフォームの非SSLはもはや常識か

ウェブサイトから個人情報やクレジットカード情報を送信する場合は、SSLという暗号化通信を使わないと、

記事を読む

簡単に屋号口座が作れる銀行

簡単に屋号口座が作れる銀行

楽天銀行を除いて他にはないでしょう。 簡単に作れることを実感してもらうために、一度、三井住友や

記事を読む

Adsense

Adsense

売れるECサイトの共通点
売れるショップ・ECサイトの共通点

フェイスブックを見ていたら、「売れるショップの共通点」といった話題が流

激増2
ネット販売や開業に関する相談が激増中なのはなぜ!?

最近記事に書くことも増えてきた「問い合わせ急増」の件です。やたら多

値下げしても売れない
値下げしても売れない。

「小学生でもできる販売戦術のひとつが値下げですが、できれば、こんな

no image
店長ブログのテーマやネタに「ネットショップ紹介」はいかが?

ネットショップ運営にブログはつきもの。店長さんはじめ、ブログ担

no image
ニュース記事の編集って楽しそう

最近よくyahooニュースを見ることが多いのですが、「見出しよく考えら

→もっと見る

PAGE TOP ↑