*

掲示板を使う文化はとっくに終焉を迎えていた。

昔は「ホームページを作ったら掲示板(BBS)を付けましょう。」といったルールがありました。

けっこう賑わっていたんです。

でも、今は使う人はいないです。

わかっているけど、あえてやってみたところ、やはり結果は予想通り。

悪い予想に限って当たるとはいかがなものか・・・

昔は、メールで問い合わせする以外、「掲示板で問い合わせをする」といったネット文化?がありましたが、何が原因なのかわかりませんが、すっかり廃れてしまいました。おそらく2009年くらいを最後に、パタリとなくなったような感じです。

わざわざフォームに名前やメールを入力しなくても、匿名で書き込める点が良かったのだとは思います。じゃ、今の問い合わせの手段といえば、メールや電話だけ?でしょうかね。「問い合わせはできるだけさせないためのQ&A」も効果があるのでしょう。

たまに、チャットを取り入れている企業などもありますが、チャットの最大のリアルタイム性を無視して、「少々お待ち下さい。確認しますので。」など、返答まで画面とにらめっこしないといけないので、メールを送っておいて、届いた時に確認するほうがかえって効率的かもしれません。

さて、「訪問してくれたお客さんに対して、注文しやすくなる仕組みや、問い合わせがしやすくなる他の仕組みはないのか?」と考えてみましたが、乾いた雑巾を絞ったところで水は出てこないようです。

じゃ、「ネットショップを作ったら○○を付けましょう」という観点で考えてみると、わりとアイデアが出てきそうです。ランキグをつけるとか、リコメンドをつけるとか、販売のための仕組みではなく、お客さんが問い合わせたくなるような何か。

ひとつ面白そうなアイデアがあるので試してみたいと思います。これは、繁盛勘の演出ではなく、安心感の演出に繋がるやつです。あまりやっているネット販売店はないのではないでしょうか。

お客様の不安を解消して、もしかすると受注増になるかもしれないその方法とは・・・

続きはWebだ!

掲示板


Adsense

関連記事

やり方

2015年からのネットショップのやり方

10年前の2005年と2015年のネットショップのやり方はすっかり変わりましたよね。 2005

記事を読む

フリーマーケット

着なくなったTシャツはリアル販売で

着なくなったTシャツですが、まず思い浮かぶのはヤフオク出品。でも、ノーブランドのTシャツは値がつかな

記事を読む

ブラックな手法

確かに存在するブラック?グレー?なやり方

暇つぶしで某巨大掲示板を見て回ってたら、「アフィリで月○○万稼いでるけど質問ある?」といったスレッド

記事を読む

no image

ウェブサイトを更新しないといけない理由(1)

「ホームページを作ったら毎日更新しましょう。」というのが、昔(2000年頃)のアクセスアップの金科玉

記事を読む

リスクヘッジ

今さら誰も教えてくれないネットショップのリスクヘッジ

リスクとは「危険」のこと。 そして、ヘッジとは「避ける」こと。 ネットショップをやってく上で

記事を読む

トップページ

トップページの編集手順について考え中

ヤフーショッピングにかぎらず、トップページはお店の顔ですから「それなり」に作りこんでおきたいところ。

記事を読む

チケット販売

baseを前売りチケットの販売システムとして使う方法

無料ネットショップの代表BASE株式会社。 物品販売だけではありません。各種チケットの販売ツー

記事を読む

提灯記事

記事広告と提灯記事とステルスマーケティング

またひとつ言葉を学習。 「提灯(ちょうちん)記事」 ちょっと古めかしい言葉ですがステルス

記事を読む

色で人を操る心理学

色で人を操る心理学

色って意外に大事ですよね。時間つぶしで、セブンイレブンで書籍コーナーに行った時に期になったムック

記事を読む

上司アホ

優秀な社員やスタッフが辞める理由の90%は上司がアホってw

ある記事を読んで「なるほど!確かに!」と気付かされたのが、「優秀な社員が辞める理由は上司がAHO」で

記事を読む

Adsense

Adsense

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

読みたくなる
つい読みたくなる、クリックしたくなるタイトルの作り方

捨てメアドの整理をしていたらキャッチコピー系のメルマガが気になってつい

→もっと見る

PAGE TOP ↑