*

「 基礎知識やノウハウ 」 一覧

商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べて、訪問者数は少なくなります。訪問者数が少なければ注文も少ないのは自然な流れです。もちろん例外はあります。 「商品数が少ない

続きを見る

ネーミングのためのチェックリスト7

何に悩んでるかというとネーミングです。以前は、ドメイン名で同じように何日も悩んでいたことがありましたが、ドメインに関してはシンプルにつけるようになったので悩むこともなくなりました。 でも、今回の

続きを見る

そこのIT苦手な社長。めっちゃヤバイかも。

年商10億とか20億とか。 「スゲー」って思うかも知れませんが、ネット系以外の、リアル中心のその規模の企業の創業社長は、ITが苦手だったり、まったくチンプンカンプンでわかっていなかったりします。

続きを見る

小学生、中学生、高校生もネットで稼ぐ時代

「youtubeの閲覧ユーザーは小学生が多い。」とはよく聞きますが。さらに、youtubeに動画を載せて、広告を表示させることによるアドセンスのお小遣い稼ぎも流行っているようです。もしかしたら、月

続きを見る

今さら誰も教えてくれないネットショップのリスクヘッジ

リスクとは「危険」のこと。 そして、ヘッジとは「避ける」こと。 ネットショップをやってく上でのリスクには次のようなものがあります。 ショップ作成データの消失 顧客データの消失

続きを見る

ネットショップのプロモーションとは

「バンドでデビューしたい!」と思い、オリジナル曲を作り、スタジオに入って動画撮影してyoutubeにアップする。動画をアップする目的は、「知らない人に曲を聞いてもらって、最終的に曲をダウンロード販売し

続きを見る

ネット販売サーバー新規契約者向け最初にやるべき7つの基本作業

ネットショップ向けのサーバーに新規で契約したユーザー(ショップサーブ限定ですが、、)にプレゼントするプロ用マニュアルの構成を考えてみました。「最初にやるべき」ことと、継続してやることなの (1)基本

続きを見る

レンタルサーバーの時代はもう終わった

レンタルサーバーを借りてネットショップを作ったりホームページを作ったりしたい人が、2004年に100人いたとしたら、今は10人くらいです。そういった使い方での需要は10年前の10分の1になってしまいま

続きを見る

信頼できる情報ソースを集めよう

どんな情報でも引き出せるネットですが、ショップ運営者が情報扱うためには、それなりに慎重になりたいと思います。ツイッターのデマやFACE BOOKでシェアされる、どこの誰が書いたかわからない記事を鵜呑み

続きを見る

ネットショップとしてオリンピック特需にあやかる方法を考えよう

「オリンピック特需」を英語で言うと「Olympic special demand」とそのままです。 オリピック特需と言われると真っ先に思い浮かぶのが建設関係ですよね。検索してみても、オリンピ

続きを見る

こんなサービスは、もう解約だ

某クレジットカード会社からの利用明細が届いて、ポイントを見ると1000ポイント。「そろそろ何かに交換できるのかな?」と会員専用ページにログイン。1000ポイントで交換できる商品を検索してみたところ・・

続きを見る

女の子二人組で運営している人気サイト

これは斬新なアイデアです。 例えば、この写真。 http://girlydrop.com/ 被写体もおしゃれな雑貨ですが、おしゃれな加工が施されています。 無料写真素材を提

続きを見る

海外でゴミになるようなモノが日本では商品になる転用の発想

文化の違いで、アメリカやイタリア、フランスではゴミとして捨てられているようなモノが、「日本では商品になってしまう!」なんてのもよくある話です。ゴミが宝になる話です。 わかりやすい例では、ワイ

続きを見る

家計管理も自動化デジタル化の時代がやってきた

ネットショップはデジタルの世界が前提で、運営工程の多くが自動化されています。 注文を受けると同時に、自動的に確認メールが送られますし、受注データはまとめて自動的に、クライド会計のfreeeに取り

続きを見る

Eストアーの無料セミナー「繁盛店を目指すには」に参加してみた

慢心とは、「心の中で自分のことを自慢すること。おごり高ぶる心。」という意味です。自慢する気持ちはないですが、「今さら初心者レベルの話を聞いても無駄でしょう。」といった考えです。 そんなナ

続きを見る

地方銀行や第二地方銀行で屋号口座は作れるの?

信金とまでいかないまでも、三井住友や東京三菱UFJ銀行などの都市銀以外で、割りとメジャーな銀行ってあるんですよね。ま、メジャーというと言い過ぎですが、その地域では存在感のある銀行です。 屋号口座

続きを見る

ネットバンキングが使いやすい銀行と使いにくい銀行

「あほか。」と言いたくなるダイレクトバンキングのシステムってありますよね。セキュリティーを高めるのと、ユーザーの使いやすさ(UI)を両立させるのは難しいと思いますが、そこはシステム会社と銀行の考えると

続きを見る

「リバースモーゲージ」金融商品を学ぶ

金融商品は、ネット販売とは関係ないのですが、たまには他業種の商品について学んで見てもよいのではないしょうか。 今回は、リバースモーゲージ。 例えば、東京スター銀行が販売している新リバースモ

続きを見る

商標法違反売り上げ100万円程度の金額で逮捕って、、要はわかりやすいからか?

トップブランドに少しでも絡む場合は注意が必要ですね。知恵袋で、こんな質問がありました。 おそらく、デコ小物に、シャネルだのエルメスだのコピーロゴ的な何かを使って、ハンドメイド商品として販

続きを見る

屋号を決めるときは商標に注意する

屋号って基本的になんでも良いんですが、国内外の企業が「商標登録」している名称や、意匠登録しているデザインなどを、同じであったり、酷似していると訴訟問題に発展する危険性があります。その点だけクリアして、

続きを見る

Adsense

Adsense

副業をする3つの理由
副業する理由は3つ

副業全盛の時代ですが、副業をする人の理由はまとめると3つになりそうです

とっておきの副業30
とっておきの副業厳選30(プレジデント2017.4.3)

今さらですが、副業したい人多いですよね。したほうが良いと思います。会社

生き残る問屋
問屋が売上げを上げる方法(生き残る唯一の道)

ガラケーがスマホに押されて姿を消しつつあるように、インターネットの

商品数が少ないネットショップの戦略
商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べ

屋号2つ以上
屋号を2つ以上使い分けても良いのか?

開業届け書には、屋号を書く箇所はひとつだけです。税務署に対しては屋号は

→もっと見る

PAGE TOP ↑