*

衝動買いをする4つのポイント

公開日: : 最終更新日:2016/02/25 ネットビジネス, マーケティング

珍しく衝動買い。

その心理を分析して4つのポイントにまとめてみた。

1. 信頼を確信
2. 誠実さを感じる
3. 内容に比較して明らかなお得感
4. レビューによるハロー効果

1. 書いてある内容が、経験者でないと書けないこと。現場にいる人でないとわからないことなどが見て取れるので、製品やサービスについて、熟知しているのがよく分かる。

2. 誠実さは、文章全体から、お客様に喜んでいただこうという誠実さを感じる。

3. スペックや内容から、普通に値付けをすれば150,000円はしてもおかしくないものを、5万円程度の薄利で販売している模様。利益は1万円もあれば良さそうな薄利多売。自分だけが儲けようという印象を受けない。

4. ハロー効果は行動心理学の用語。ある製品やサービスについて、ひとつでも好印象のポイントがあれば他の印象も比例して高くなる効果。権威のある人や有名人のレビューなどを見てしまうと「良さそう」と感じてしまうあれです。

写真は素人レベルですが、文章で、その製品の良さがダイレクトに伝わってくるので、その分、写真の稚拙さは十分カバーできています。

「このあたりが衝動買いの買いの価格」といった、一面的なものではなく、衝動買いは、複合的な理由がバランスよくそろった時に発生しそうな気がします。今回の商品ページは、ローカル上(パソコン)に取り込んで、心を動かされたポイントをおさらいしてみたいと思います。

ちなみに、衝動買いのことを英語で「impulse buying」。「オーガニック石鹸を衝動買いしてしまった」なら、I baught an organic soap on impulse.となる。

Adsense

関連記事

リスクヘッジ

大規模通信障害に対するリスクヘッジ?

「リスクヘッジ(Risk Hedge)」とは、起こりうる危険(リスク)の防止策、回避(Hedge)と

記事を読む

イギリスの高校

イギリスの高校をヒントに売上アップ

イギリスのハイスクールでは、学生の学習スタイルを3つに分けて教育が行われているそうな。つまり、人の学

記事を読む

裏側

クラウドワークス仕事募集の裏側

昨日からの続きです。 使ってみるとわからなかったことが、いろいろわかってきました。 報酬

記事を読む

ノースキル、アイデアあり

Wixでホームページ作成するけどSEOが気になる

イケてるアイデアはあるのにスキル(PHPやデータベース)がない。スキルを外部に頼るとウン十万からウン

記事を読む

壁掛けテレビ

ネットショップ繁盛の方法は繁盛店に学ぶ

壁掛けにできるくらいの薄型テレビを購入しました。ただ、そこには壁掛け用の金具は付属していないんですね

記事を読む

カウントダウン

時限(カウントダウン)タイマーを設置したい

楽天でショッピング中に見かけた、この100分の1秒単位でカウントダウン(キッチンタイマー?)

記事を読む

no image

ブログは、やはりテーマの選び方?

新しく別口でブログを始めて数ヶ月経ちますが、非常に順調です。 まず第一に記事がめちゃくちゃ書き

記事を読む

ドロップシッピング

Eストアーフレンドリンクを無理やり半ドロップシッピング式にしてみたら

ドロップシッピングもアフィリも似たようなもの。会員が「ブログ」にリンクを貼り付けるか、「お店形式で出

記事を読む

パクリ

ホームページ デザインのパクりは罪?

なかなか微妙なテーマです。 極端な例として、ブランドバッグや腕時計の正規品を販売するネットショ

記事を読む

仕入れはコネ

仕入れはコネ

コネなしでも仕入れはできるけど、コネがあったほうがスムーズですね。同じブランドを扱うお店の店員に口を

記事を読む

Adsense

Adsense

ランディングページ
ランディングページの重要な7つのポイントをわかりやすく

ランディングページを作るたびに、「参考になるサイトはないか?」と探して

プレスリリース
なぜ、このプレスリリースはそこまで難解なのか

ショップサーブで本店ネットショップを運営しているじゃないですか。たまに

AIDMAの法則
消費者の購買決定プロセスAIDMAの法則の例

消費者が商品を購入するまでの心理を5つのステップに分けたのがAIDMA

顧客ランクは3つで良い
顧客ランクって3つくらいでいいんじゃないの?

ショップサーブの顧客ランク設定を見て思ったんですが、ランク無し

シェアの逆転
シェアの逆転

今、ネットショップ運営者にとってブラウザと言えば、Chromeが定番じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑