*

集客方法がわからない、広告宣伝費もあまり出せない。

公開日: : 最終更新日:2015/01/08 Q&A, ネットショップ運営, マーケティング, 基礎知識やノウハウ

この記事は約3分で読むことができます。

今回はこの質問。

集客方法わからい&広告費もだせないのだが。

同社の回答は次の通り。

ショップサーブなら、管理画面の必要な項目を埋めることでSEOの基本を備えたお店を開店できます。また、開店直後から集客対策として活用できるショッピングフィードの仕組みを標準でご利用いただけますので安心です。ショッピングフィードをご利用いただくと、難しい操作や面倒な手続きなしで、多くの有名サイトにお店の商品を掲載できます。
その他にも、SNS連携ボタンの設置やお店の改善ポイントがひと目でわかるレポート、ネットショップの運営方法や集客方法がわかるガイドブックをご用意していますので、低コストで繁盛店を目指すことが可能です。

実は、ネットショップを公開した段階で自動的に集客をしていることになります。公開してしばらくするとGoogleがお店の存在を発見して、検索対象として登録してくれます。昔は、手動で登録していたけど、今は勝手に登録されてしまいます。(このことを「インデックスされる」と言う。)

極端な例で言うと、もし、妖怪ウォッチのグッズ(子供用のゲーム)を販売するお店が国内になくて、一番に専門店を出すとします。このような状況下では、別に宣伝などしなくても、お客さんのほうが勝手に見つけてやってきます。

宣伝しなければいけないのは、お客さんが見つけにくい場合のみ。つまり、同じ商品を売っているお店がたくさんあったり、あまり良く知られていない商品だったり。そのような場合は、宣伝をして人の目に触れるようにしないといけないわけです。

そして、ショップサーブには、広告宣伝機能がついています。無料で利用できます。上記の回答では「ショッピングフィード」と書かれていますが、現在は「パーク」という名前に変わっています。

商品を登録する際に「パーク出品サービスに登録する」という箇所にチェックするだけで、自動的に、ネット上にある様々なウェブサイトで無料で宣伝してくれます。このサービスは、宣伝のみは無料で、「その宣伝を通じて注文が入ってきたとき」のみ5%手数料が発生します。

いずれにせよ、「売れたときだけ手数料」というのは、広告コストを出せない人にはありがたい仕組みです。売れると当時に広告費を捻出できているわけですから、「広告費ばかりかさんで赤字になる」ということは100%ありえないわけです。もちろん、利益率が6%以上あることが条件です。初期費用も0円、クリック単価も0円。送料にまで課金されることもありません(ここ大事)。

Adsense

関連記事

仕入れメール

仕入れのお願い(依頼)メール

訪問キーワード。 「仕入れ先を見つけて、その会社に仕入れをお願いするメールを書きたいとのこと?

記事を読む

ネーミングの研究

ネーミングの研究

楽して儲けたいと思えば、ネーミング。いまひとつの商品でもネーミング次第でバカ売れ。とまでも行かないま

記事を読む

NAVERのまとめサイト

SEOを考えた時のNAVERのまとめサイトについて

ご存知のように、NAVERのまとめサイトは、検索結果に頻出です。 何かと、上位に出てきますよね

記事を読む

ショッピングカート

現役店長オススメのショッピングカート

見えなくて怖いこと。幽霊ではなくカゴ落ち・・・ 「せっかくお客さんが商品をカートに入れたの、そ

記事を読む

大前研一の企業参謀

2015年偉くなる人、やばくなる人(プレジデント)

プレジデント2.16号の立ち読み。おおむねサラリーマンを意識した内容です。「偉くなる人」は「勝ち組」

記事を読む

在庫仕訳

個人事業主の決算における在庫の仕訳

在庫と決算、簿記を勉強したり、経理に関わってないと、なかなか難しく感じます。 まず、在庫は、会

記事を読む

ガチT

粗利益の計算方法について

簿記の「ぼ」の字もわかってないころは、普通に「仕入れを増やせば経費が増える」と思い込んでいました。今

記事を読む

no image

恒例になりつつある月末検索ワードをネタにしたライティング

netsea 評判 netsea(ネッシー)は、いわゆるBtoBサイトです。仕入れしたい個人事業や

記事を読む

売れない理由

ショップサーブで売れない場合の3つのチェックポイント

「ショップサーブ 売れない」という検索ワードがほぼ定番化してしまいました。おそらく、「ショップサーブ

記事を読む

無料音声読み上げソフト

老眼や目の疲れが気になるショップ運営者のための超便利な読み上げ無料ソフト

ショップ運営者の日々の情報収集活動において、読むというのは基本中の基本です。しかしながら、30代後半

記事を読む

Adsense

Adsense

ECサイト運営者の思い込み
ECサイト運営者の間違った思い込み。。

「コンテンツマーケティング」と言う言葉もすっかり馴染みましたが、その重

メディアEC
ネットショップの基本「メディアEC」

ここ数年、コンテンツマーケティングとかメディアECという言葉が取り

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

→もっと見る

PAGE TOP ↑