*

ネットショップ自作のすすめ、も・・・

ネットショップを始める場合、ショップサーブなどの開業サービスを使ってスタートするのが一般的になりました。確かに、そのほうが効率的です。決済関係やメンテナンス関係など、専門知識や時間を使うようなことは、サーバー提供業者が全部やってくれるので、運営者は本業に集中できます。

でも、「ネットショップを自作できるのは無駄なスキルか?」というと、そうではなくて、大いにプラスですね。だから、HTMLやらCSSなどが、ちょっとやってみたけど「難しい」「わからない」という人は別にして、抵抗なくできる感じの人は、どんどんおぼえて使えるようになってもいいかも知れません。ただ、のめり込むとショップ運営者というよりWebクリエーターになってしまうので注意が必要です。

ネットショップ自作のためのPCソフトと言えばこれですね。ネットショップオーナー(下の画像)。バージョンアップは2012年が最終のようですが、ほぼ完成されているのでしょう。

このようなPCソフトを使って作る以外には、ホームページビルダーやDreamweaverを使って作る方法もあります。でも、これらはページ作成がメインなので、ショッピングカートや問い合せフォームはCGIやPHPなどが扱える必要があります。

また、新しくなったEC-CUBEを使う手もありますが、HTMLやCSS、CGI、PHPなど、ネットショップ構築に必要な全知識を網羅しておかないと厳しいでしょうね。

ちなみに、自作ショップの何が良いかというと自由度とコストです。デザインやレイアウトは自由自在です。好きな機能も何でも付け足せます。容量についてもASPの比ではないほどの大容量です。

コストに関しても、さくらインターネットの最上位プランの「ビジネスプロ」を使っても月額わずか4000円(容量500G)。ま、大抵のネットショップは一番安いスタンダードで月額500円(100G)。容量はお釣りがどっさり返ってくるほどです。(このサイトは、スタンダードプラン)。

時間のある人は自作に挑戦してみてはいかがでしょうか。ただし、ショップ運営が本業なので、くれぐれも制作者と運営者のバランスにご注意ください。

Adsense

関連記事

spike

ネット販売業界激震!?カード手数料0円のサービス

現在使っているショップサーブのクレジットカードの手数料は業界でも最安値クラス。VISAやMASTER

記事を読む

書き入れ時

12月は衣食住商材祭り(書き入れ時)

12月には、衣食住に関連する商材はかき入れ時です。 2年ほど前のデータ(平成26年2月「家

記事を読む

GW明けは売上が落ちる

「GW明けは売上が落ちる…」という迷惑メール

メールを開くと「GW明けは売上が落ちる...」という件名の迷惑メールが入っていました。迷惑メールフィ

記事を読む

業務用卸販売

一応、卸会員サイト化にはできるが・・・

2月末のショップサーブのニュースを今知ったんですが(遅っ)、なんと!「BtoB、業務用卸売、会員専用

記事を読む

baseアプリ

ベイス(base)はネット開業ASPの理想形

ショップサーブでお店を運営しながら、つい、使いにくい点に不満たらたらで、ブログにも「あんな機能とかこ

記事を読む

良さそうに思える言葉

古いお客さん用メール内検索の想定も必要

ある商品を5年ぶりくらいに購入しました。その商品でなければいけないわけではないのですが、すでにある商

記事を読む

LPOケーススタディ

ランディグページのデザイン・設計のケーススタディー

英語が聞き取れないコンプレックスを持っているがために、つい反応してしまった広告がこれ。イ*ラン先生・

記事を読む

EC CUBE 3

2015年7月1日にEC CUBE 3が誕生していた!

ロリポップからのお知らせをたまたま見たら、EC CUBEが新しくなっているじゃないですか。しかも、簡

記事を読む

ランサーズ

Lancers(ランサーズ)で仕事を取ってみた

ランサーズ(Lancers:仕事募集応募サイト)に興味本位で登録したものの、「見てるだけ〜」のいわゆ

記事を読む

小学生も稼いでいる

小学生、中学生、高校生もネットで稼ぐ時代

「youtubeの閲覧ユーザーは小学生が多い。」とはよく聞きますが。さらに、youtubeに動画

記事を読む

Adsense

Adsense

副業をする3つの理由
副業する理由は3つ

副業全盛の時代ですが、副業をする人の理由はまとめると3つになりそうです

とっておきの副業30
とっておきの副業厳選30(プレジデント2017.4.3)

今さらですが、副業したい人多いですよね。したほうが良いと思います。会社

生き残る問屋
問屋が売上げを上げる方法(生き残る唯一の道)

ガラケーがスマホに押されて姿を消しつつあるように、インターネットの

商品数が少ないネットショップの戦略
商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べ

屋号2つ以上
屋号を2つ以上使い分けても良いのか?

開業届け書には、屋号を書く箇所はひとつだけです。税務署に対しては屋号は

→もっと見る

PAGE TOP ↑