山口さんのメルマガまとめ読み

メールマガジン

この記事は約2分で読むことができます。

山口拓朗さんという方のメルマガを購読中。と言っても、ほとんど読めてないのですが、たまに、まとめ読みをします。そこで、気になった回を復習。メルマガ感想文。2015年前半版。

一文多義(2015/2/22)

「ひとつの文章にはひとつの情報だけを書くようにしよう。」ということです。一応、こころがけてますが、意識しないとついつい多義になってしまいます。

テレビの番組作りに学ぶ編集力(2015/3/5)

TV番組の良し悪しは編集力にあり。文章も無駄な情報はカットしよう。不必要な情報があると、読みにくくなるのはもちろんのこと、読み手の理解度も低下する。

副詞を多用しない!(2015/3/16)

副詞とは、、、『あまり、けっこう、すごく、少し、ずっと、だいぶ、なかなか、ひどく、もっと』・・・おっと、けっこう使ってますね。副詞。副詞は具体性が欠けるので、お客様に返答するときなどは、具体的な数字や明確な言葉で返答しなければいけないですね。

本を読むと文章力が上達する本当の理由とは?(ヘッダー2015/4/8)

本を読むと文章力があがるのは、「良い文章に触れるから」という理由の他に、他の人の考え方や感情に触れることができて、それがきっかけになって、新たな考え方や感情が生まれるから、とのこと。なるほど、そうだったのか!

山口さんのメルマガはとにかく読みやすいので、ショップオーナーにはオススメです。売れる文章の作成のヒントが得られます。