こんなサービスは、もう解約だ

ブチ切れ

この記事は約2分で読むことができます。

某クレジットカード会社からの利用明細が届いて、ポイントを見ると1000ポイント。「そろそろ何かに交換できるのかな?」と会員専用ページにログイン。1000ポイントで交換できる商品を検索してみたところ・・・

・ビール(キライなやつ)
・ゴルファー保険(ゴフルしない)
・電気ポット(必要ない)
・JTB旅行券5,000円分(旅行行かない)
・牛肉カルビ250g(牛肉食べない)
・うなぎの蒲焼(今年はもう食べた)
・しゃぶしゃぶ詰合せ(しゃぶしゃぶの予定なし)
・地ビール12本セット(興味ない)

商品ラインナップのしょぼいことしょぼいこと。せめてギフトカード5000円を入れておいてほしかった。

そして、ブチ切れしたのは、このメッセージ。

操作が正しくありません。
※ブラウザの戻るボタンは使用しないでください。

なんのためのブラウザの戻るボタンやねん。
なんでわざわざ、オマエが用意した(わかりにくい場所)のボタンを探して押さなあかんねん。

さて、こういったサイト上で「操作がしにくい」ことを「ユーザビリティーが悪い」と言ったりします。ユーザービリティーは「使い勝手」とでも訳せば良いでしょうか。

クレジットカードを使う最大の理由のひとつは「ポイント」でしょう。その、ユーザーの最大関心事項の部分のユーザビリティーを怠るとは客をナメています。

あと、ログインIDを自分で決められないので、いちいち情報を引っぱり出さないといけないのが、激しく面倒くさいですね。

というわけで解約することにしました。

ま、目くじらを立てるほどのことではないですがネタとして。