初心者が「ストアクリエーターProが難しい」と感じる3つの理由とその解決策

ストアクリエータープロ難しい

この記事は約5分で読むことができます。

「ヤフーショッピング・プロフェッショナルで出店したのは良いけど、管理画面であるストアクリエーターProが難しすぎて・・・」という方が多いです。(以前は、「ストアマネージャー」と言っていた。)

確かにその通り!

難しい!(*o*)

いや、難しかった・・・

ネットショップのベテランが、初めてヤフーストアに出店したとき、「うわ。難し~~(><)」と思うくらいですから、そりゃ初心者には、さらに難しいでしょう。当然です。

プロでさえ難しいと感じた理由は2です。それは独特なシステム独特の用語です。ショップサーブなどの一般的なネット開業サービスとは、管理画面の構成がかなり違うし、使われている用語も微妙に違うんです。これが、最初にとっつきにくかった理由です。

では、プロでさえ難しく感じるストアクリエーターProですが、初心者がもっと難しく感じる理由を3つにまとめることができます。そして、解決策を考えてみたいと思います。

専門用語の意味を知らない

ストアークリエーターProとあるように「プロ用のシステム」ですから、プロ前提で作られています。

つまり、知識、ある程度の経験やスキルがある人向けのシステムというわけです。ですから、言葉も容赦なく専門用語が使われます。

しかも独特です。例えば、「ストア構築」。初心者向けなら「ショップページ作成」です。「反映」は「更新」のことです。「カスタムページ」は「フリーページ」。

これを解決する方法は、ひたすら言葉の意味を知る。それに尽きます。英語の勉強をするときのように、英単語をおぼえるほか方法はないでしょう。

「単語も知らないで英語はしゃべれない。」という感じです。幸い、この独特の用語は、さほど多くないです。一度覚えてしまえばなんてことありません。

操作手順を知らない

通常の開業サービスでは、商品ページを1ページ作るのにあっちこっち行くことはあまりありません。1つの画面で完成してしまいます。

でも、ヤフーストアの場合は、「商品画像はここ(here)で登録できるけど、説明の画像はそこ(there)で登録しなければいけない。さらに、アレをするにはあっち(over there)へいかないといけない。」といった構成になっています。

1ページを作成するためにあっちこっちいかないといけないんですよね。これは、ベテランでもなかなか煩わしい点です。

これを解決する方法は、「慣れるしかない!」です。何回も同じ作業を繰り返して画面の構成をおぼえて、スムーズに使えるようにトレーニングします。

スキルが必要レベルに達していない

そもそも、「プロフェッショナル出店」です。プロ用のシステムですから、何にも知らない初心者には難しくて当然です。

初心者を言い換えるとスキルレベルが達していないということです。ただ、プロと言っても、必要とされているスキルレベルは、業界では初歩的なことばかりですから、あまりビビらないようにしましょう。

例えば、お店ページを作るのにはHTMLを理解して使えるようになる。写真を加工したりバナー画像を作ったりできるようになる。また、注文の流れなど運営面での基礎を学ぶなど、1、2ヶ月しっかり学べば学生アルバイトでもできるようになります。

どこで学ぶか?

ネットでしょう(^^)/

この場で細かい説明をしなくても、ブログ主のようにヤフーに出店している人が親切に解説してくれていたり、そもそもマニュアルもしっかりあります。

何度も何度もわかるまで読む。勉強の基本ではありますが、ビジネスにも当てはまっちゃいますね。