*

売れている本は表紙デザインが秀逸

この記事は約3分で読むことができます。

ショッピングカートを作りたい!

APIを使えるようになりたい!

マッシュアップサイトを作りたい!

そんな時はPHP!

この本定番じゃないでしょうか。

もう、表紙デザインが秀逸すぎますよね。「PHPのプログラミングは難しい」というイメージを持っている人が多いところに、まるで、というか、完全に子供向けキャラクターを使った表紙です。

表紙が優れている本は沢山あると思いますが、「それはつかみで中身が伴わない。」というのでもなく、評価4.3ですから、良質なコンテンツなのでしょう。欲しくなりました。

そして、キャッチコピーも学ぶ所満載です。ひらがなで「いきなり はじめる」です。プログラミングは、「いきなり始められるようなことじゃないよね~」という固定観念を一気に打ち消して、全く無知からでも、それこそいきなりプログラミングができそうな印象を受けます。

また、「速習コース」というコンテンツを示唆するサブキャッチコピーは、「プログラミングなんて何ヶ月、何年もかかるんじゃないの?」という間違っているかも知れない常識も打ち砕いてくれます。出版社の人や著者の方々もよく考えたのでしょう。

メモメモです。

この、「簡単さを訴求するのに子供向けキャラクターをつかったり、ひらがなを使う」というテクニックはお借りしても、なんとかかんとか違反とかにはならないと思います。

一方、CGIプログラミングの定番のperl入門はどうか。

対照的ですね。

もう難しさがプンプンす臭ってきそうなデザインです。「ちょっと片手間でプログラミングしてみようか。」なんて人は、寄せ付けもしないような固いイメージです。「大ロングセラー」や「レッスン」という言葉もキャッチーだとは思いますが、1ページ読み終わる前に寝落ち確定しそうな感じですw

でも、評価は非常に高いので良書なのは間違いないでしょう。

最後は、java。

折衷案でした。


Adsense

関連記事

no image

全部の商品ページに同じパーツを表示せる方法

ショップサーブのような開業サービスを使うメリットは、何かと「一括」処理ができる点です。例えば、商品ペ

記事を読む

人生ワードプレス

ショップサーブのwordpress活用法

ショップサーブユーザーなら、同一ドメイン内のサブディレクトリでwordpress(ワードプレス)

記事を読む

常時SSL化

常時SSL化へ向けてのテスト体験

ホームページビルダーでPC用に作ったサイトが10年経って、レスポンシブデザイン必須という時代になった

記事を読む

売らずに買われるネット通販

売らずに買われるネット通販

手元に紹介し忘れたネットショップ開業、そして運営ノウハウの教科書とでも言うべき本が目に止まりました。

記事を読む

特商法オリジナル

特定商取引法をオリジナルページにしてしまう方法

ショップサーブのスマートフォンサイトでは、実は、「フリーページ」を使って特定商取引法のページを差し替

記事を読む

どっちが先?

仕入れが先かネットショップが先か

これはなかなかいい質問ですね~。卵が先か?鶏が先か? 回答は、「あなたの覚悟によってどちらかに

記事を読む

no image

今のところ集客の悩みを解消してくれるかもしれないTop Sellerについて

集客力の悩みを一気に解消してくれる可能性を秘めた(2016年3月現在)トップセラー(Top Sell

記事を読む

どこでもカート

どこでもカート(ショップサーブ編)タグ一発書き出し機能テスト運用

ブログ記事で、特に商品をおすすめする記事を書いていて文末にはカートボタンを配置したい。 そ

記事を読む

カウントダウン

通販会社スタッフに求められるスキル

「ウェブページが作れる」 「エクセル・ワードができる」 「フォトショップが使える」 「イラスト

記事を読む

納品書

ショップサーブの納品書のフォントを明朝体に変更する方法

納品書のフォントの初期設定はゴシック体です。「このフォントを変えたい!」と思っている方もいるでしょう

記事を読む

Adsense

Adsense

サポートの品質
サポートの品質で企業の正体がバレてしまう。

ネットショップ1店舗の引っ越し先として検討していた某社。気にな

簡単に取れて稼げる資格
簡単に取れて稼げる資格

税理士の資格を取れば税理士として商売ができるけど独学では難しい

固定費0円
クレジット決済手数料が安い・固定費が無料や安いサービス5選

あっちこっちにネットショップを作っていると大変です。ある通販サ

5つの鉄則
ネットショップ成功の秘訣5つの鉄則

ビジネスとはあまり関連のない教育ジャンルで、とてもいい記事があ

スマホ対応レスポンシブ化
コーポレートサイト(会社ホームページ)のレスポンシブWEBデザイン化で儲ける方法

今ではほとんどの企業やお店がウェブサイトを持っているのは周知の

→もっと見る

PAGE TOP ↑