*

ネット仕入れのスーパーデリバリーいいね

公開日: : 最終更新日:2017/02/05 ネットショップの仕入れ, マーケティング, 基礎知識やノウハウ

この記事は約3分で読むことができます。

通称SD。佐川急便のセールスドライバーではなく、ネット問屋のスーパーデリバリーのサイトを訪問。以前は、「実店舗を持つお店だけ」だった気がするのですが、現在は、少々緩和されて?、次のような条件に変わっていました。

『ネット販売については、サイトの規模感、コンセプト、クオリティーなどを総合的に審査します。また、オープン前、オークション、極端な値下げをされるサイトはご入会いただけません。』

仕入れのハードル

勝手に言い換えます。

「ネット販売については、力のなさそうな、しょぼいお店はNG。安売りするヤツもNG。本当に開店するのかしないのかわからないようなヤツなんて絶対にお断り。」

月額の会費2000円をとるくらいですから、内容のクオリティーは、「ただで誰でも仕入れる」サイトとはワケが違うでしょうね。当初から有料会員制なのでブランドイメージも高いです。当店でも扱っているお馴染みのメーカーもあるので、良い商材が見つかるかも知れませんね。

ネット販売の場合「審査」があるわけですが、当サイト調べによると合格率は18%です。100店申請しても18店しかパスしないほど狭き門です。直近で承認されたお店さんは、2月19日に申し込みをしてOKが出たのが3月30日です。40日かかっています。「早く仕入れたい!」「OKの返事が待ちどおしい!」「でも却下されたら・・・」この40日間はワクワクドキドキだったでしょう。

こういうときに、「本気」を感じられない「体裁」だと、自分が担当官なら門前払いです。せめて、
ショップサーブクラスのシステムを使って、お店をしっかり作り上げてきなさい。」なーんて、上から目線で言ったり。でも、「袖の下があるなら話は別ですよ。」とか。こーいう担当者はすぐクビですが。


おそらく実店舗のあるお店さんは審査に通り安いのではないか?と思います(主観)。なぜなら、「開業前の方に」のページもすべて実店舗を想定したような内容になっているから!

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)



Adsense

関連記事

商材探しのヒント

物販ショップのための商材探しのヒント

売るものが決まっていない人は、とにかく、色んな商品を見ると良いと思います。市場に出回っている商品は思

記事を読む

no image

IoTで(ToT)にならないために

IoTとは「モノのインターネット」と言われますが、この訳はしっくりこないので、そのうち変わるかもしれ

記事を読む

DVD販売

dena仕入れ儲からない?

「dena 仕入れ 儲からない」というキーワードでご訪問。 「denaでの仕入れが全部儲からな

記事を読む

イノベーター理論

ネットショップ運営者の基礎知識イノベーター理論

日々、ショップサーブ管理画面と格闘しながらネットショップ運営をしていると、EC業界のことは何でも知っ

記事を読む

216円

え!?コンビニATM出金が有料なんですか?

おっと!財布を見ると現金がないではないか。手持ちのキャッシュカードを見ると、なぜかU*J銀行のカード

記事を読む

ドキドキ

真剣にネットショップ開業を目指す方のためのテキスト

ネットショップ能力認定機構という団体があって、そこが出版している公式テキストがオススメです。今すぐ開

記事を読む

no image

オリジナル商品の価格の決め方5つのポイント

メーカーが希望小売価格を決めている場合は、それを元に販売価格を決められますが、オリジナル商品となると

記事を読む

商材見っけ

トップセラーで商材見っけ!

仕入れ0.01掛けから7掛けまでの商売をしていると、それ以下の掛け率の仕入れって眼中に入りません。正

記事を読む

ネット注文怖い

「ネットショッピングは怖いから使わない」という人

まだいるんですね~ネットで何かを注文するのが「怖い」と思っている人たち。けっこうな割合ですよ。年代に

記事を読む

利益率

利益率は高ければ高いほどいい

「仕入れがいくら」「掛け率がいくら」など、結局のところ、ショップ運営者、あるいは仕入れ担当者が知りた

記事を読む

Adsense

Adsense

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

トップセラー
ここへきて、トップセラーの新規ユーザー急増中

ドロップシッピングの先駆けであり老舗の「トップセラー」を始める人が

SAKURA internet
sakura internetへのwordpress引っ越しと常時SSL化

気づけば「そんなブログやってたの!?」というブログを2つ発掘。それ

→もっと見る

PAGE TOP ↑