*

よく見る普通の仕入れ取引条件について

公開日: : 最終更新日:2017/02/05 ネットショップの仕入れ

たまたま、オンライン仕入れのスーパーデリバリーに出店している企業のページに行き着きました。そのページは、仕入れ条件等が書かれているページです。

仕入れ条件

仕入れ条件と言うよりは、取引する上での諸条件という感じです。

上から順番に見ていきましょう。

消費者直送

NG不可です。消費者直送とは、メーカー側からの言葉で、ネットショップからだと「メーカー直送」に変わります。つまり、ネットショップには在庫せず、注文情報をメーカーに送り、メーカーが商品を消費者に発送する方法です。

お店としては、在庫を抱えるリスクやスペースがいらないのでありがたいのですが、その分メーカー側に負担がかかります。それを嫌がるメーカーは多いですね。

購入前販売

お店側視点で言うと「受注発注」のことですね。お客様から注文を受けて代金を受け取った後に、仕入れをするという方法です。リスクがないので、できればそういった方法で商売をしたいのですがこの企業は不可です。

仕入れてくれるわけなので、メーカーとしてはありがたいのですが、受注発注方式を許可してしまうと、面倒なことがいろいろあります。例えば、A店から「お客様から注文が入ったので商品Xを1週間押さえて欲しい。」といった依頼が来るわけです。

「押さえる(取り置き)」理由は、お客様から代金を頂く前にメーカーが品切れになってしまうのを避けるためです。メーカーは商品XをA店以外にも卸しているので、そのタイミングで他店から注文が入れば在庫切れを起こしてしまうこともあるからです。

ただ、メーカーや問屋がこれをやりだすと、例えば、「A店から商品Xの在庫1個を押さえて欲しい」と言われた後に、B店から商品Xの注文が50個入り、かつ、在庫がちょうど50個だった場合、B店には49個しかないと言わなければいけないんです。

でも、できれば、メーカー的には、大量買いのB店に早く売ってしまいたい、というわけです。B店が「49個なら買わない」と言う場合、たかが1個の在庫を抑えたA店のために50個分の売上げを失うことになります。このように、本来得られたであろう利益を失うことを「機会損失」と言います。

画像転載

ネットの画像をコピーして使って良いか。」ということです。この企業は、「購入した商品のみ可」としています。つまり、実際に仕入れた商品なら画像を使ってもよいという条件です。お店としては、画像をコピーさせてもらって、充実した商品数のサイトを作りたいところでは、それはNG。なかなか厳しいですね。

代金引換

不可です。ネットショップにとって代引きは定番の決済方法ですが、メーカーや問屋が代引きを使うのは、新規で取引を開始したお店など、割と少数派です。「月末で締めて、請求書を発行して翌月末に振り込んでもらう。」といった取引方法が中心になっていると、代引きは、手間的にも経理的にも煩雑になるので、避けたいわけです。

とまぁ~、厳しい条件のようですが、昔はどこもこんな感じの企業が多かったんですけどね。

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)



Adsense

関連記事

no image

回転寿しレーンから寿司が消える(問屋の生きる道?)

16時頃に回転寿しチェーンに入ったところ、全く寿司が回っておらず、びっくりしました。うそです。びっく

記事を読む

no image

扱いやすい商材、扱いにくい商材

いくつかの商材を取り扱ってきましたが、最も、扱いにくいと思ったのが賞味期限、消費期限があるものです。

記事を読む

得策

どこでネットショップを作るのが得策?

得策とは、うまいやり方のことですが、この質問は難しいですよね~ 商品の特性や価格帯など、諸々の

記事を読む

客注

客注とは「取り置き」「取り寄せ」「予約」のこと

「上代」という言葉を知らない頃に「上代は○○円だから」なんて聞いて「じょーだい???何それ?」と聞い

記事を読む

仕入れメール

仕入れのお願い(依頼)メール

訪問キーワード。 「仕入れ先を見つけて、その会社に仕入れをお願いするメールを書きたいとのこと?

記事を読む

合法違法?

その商品の販売は合法なのか違法なのか

「新しい商材を見つけたのだが、この商品を仕入れて、あるいは、普通にお店で買ってネット販売しても捕まら

記事を読む

問屋

仕入れが難しい理由 – 問屋は目に見えない!? –

ここ数年の傾向なのかもしれませんが、「ネットショップの作り方」という検索ワードは激減です。代わりに「

記事を読む

仕入れに交渉は必要か?

仕入れ前に交渉は必要なのか?

色んな業界があって色んな商習慣があることをあらかじめお断りしておきます。 仕入れ前、つまり、ま

記事を読む

売れる商材

商材をネットショップに卸す方法

「売れる商材があるのだが、ネットショップを中心に卸をしたい」という場合。 これ、なかなか難しい

記事を読む

商材選び

ネット販売商材選び5つの着眼点

ネット販売を始める場合、商材が決まっていない場合、まずはその売るものを決めるわけですが、着眼点を5つ

記事を読む

Adsense

Adsense

副業をする3つの理由
副業する理由は3つ

副業全盛の時代ですが、副業をする人の理由はまとめると3つになりそうです

とっておきの副業30
とっておきの副業厳選30(プレジデント2017.4.3)

今さらですが、副業したい人多いですよね。したほうが良いと思います。会社

生き残る問屋
問屋が売上げを上げる方法(生き残る唯一の道)

ガラケーがスマホに押されて姿を消しつつあるように、インターネットの

商品数が少ないネットショップの戦略
商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べ

屋号2つ以上
屋号を2つ以上使い分けても良いのか?

開業届け書には、屋号を書く箇所はひとつだけです。税務署に対しては屋号は

→もっと見る

PAGE TOP ↑