*

なぜショップサーブの記事が多いのか。その理由。

なぜショップサーブの記事が多いのか。

最大の理由のひとつは、「ショップサーブを使っている人が多いから。」だと思います。

そして、その記事の目的は2つあります。

(A) アフィリエイト目的
(B) 実際の店長やスタッフの記事

(A) ネットショップをやっていない人の「ネットショップやるならショップサーブだよね。」といった記事は100%アフィリエイト記事です。その記事から契約が成立すれば、ブログ主に報酬が支払われれるというものです。ですから、実際の内容は知らないけど、ネットの情報をかき集めて、わりと良いように書いています。

(B) ショップサーブの利用者数は国内でもトップクラスですから、時間のある店長さんは、お店のブログとは別に、ショップサーブやネットビジネスのことについてブログに書いていたりします。匿名の場合もありますし、実名の場合もあります。そこに、アフィリエイトを絡めることもあります。

でも、(A)と明らかに違うのは、「実際に利用している運営者」という点です。ブログ全体を読めば、その人が素人なのか、運営者なのかはわかると思いますが、リテラシーが低い人は、違いがわからないかもしれません。リテラシーとは、「ネット関連の知識や経験」とでも言いましょうか。「経験がある人だからこそわかる」とか言うじゃないですか。第六感的、本能的な感覚です。

いずれにせよ、もし、ショップサーブでお店を始めようと、いろいろ検索しているのであれば、偽物の広告なのか、リアリティーのある記事なのか、そこを見極める練習をしてみてはいかがでしょう。

蛇足ですが、ショップを運営するようになると、同じ業界の自作自演のレビューはなんとなくわかるようになります。お客さんが決して使わない言葉や言い回し、不自然な視点など。バレます。

Adsense

関連記事

エクセルの表

エクセルで作った表をHTMLページに表示

「エクセル(Openoffice)で作った表をウェブページに移植できる!」と、まぁ~こんなことを今更

記事を読む

6月の戦略

6月の販促キャンペーン戦略

6月生まれの方には大変申し訳ないのですが、6月といえば梅雨。連休もなし。1年の中でイメージの悪さは3

記事を読む

スライダーで賑わい感

紙芝居のように画像が入れ替わるパーツの正体は「スライダー」

ネットショップのヘッダーなどで、同じ場所で写真が自動的に入れ替わるパーツを「スライダー」と言います。

記事を読む

卸売のやリ方

卸販売のやり方は?

ネットショップという小売をテーマにしていたので「卸販売のやり方は?」というキーワードは、「その発

記事を読む

クレーマー拒否

通販 クレーマーからの注文拒否するには

面倒くさい客からの注文はいらないですよね。いわゆるクレーマー。あれこれ難癖つけて来る客です。購入単価

記事を読む

ドキドキ

真剣にネットショップ開業を目指す方のためのテキスト

ネットショップ能力認定機構という団体があって、そこが出版している公式テキストがオススメです。今すぐ開

記事を読む

メルカリ売れた

メルカリ売れた!(初注文)苦節200日!?

メルカリに出品すること100日か200日か。コメントやイイネなどがつくものの売れる気配なく完全放置す

記事を読む

セキュリティー意識

ショップ運営者はセキュリティー意識を高めよう

新しいクレジットカードを作って以来6ヶ月。ついに御用となりました。 クレジットカードの裏面には

記事を読む

ヤフートップ

yahoo! shoppingのトップページはどうやって作るのですか?

無料で、しかも、地方の父ちゃん母ちゃんでも出店できてしまうyahoo! shopping。ライト出店

記事を読む

やっぱりネットビジネス

やっぱりネットビジネスが楽しい

新しくドメインをとってウェブサイトを構築する準備中。今回は、ネットショップではなくネットビジネス。こ

記事を読む

Adsense

Adsense

貴重なセミナー終わるかも
貴重なセミナー終わっちゃうかもよ~

ショップサーブを運営するEストアーが、ネットショップの新規開業ユーザー

no image
QUESTの法則ランディングページ

ランディングページを作りるにあたり、消費者行動モデルはどれを適用するか

インスタグラムからのネット販売
インスタからのネット販売

「これ欲しい~」とメッセージもらったのがインスタのキャプチャ。ユーザー

オリジナルページ
ショップサーブオリジナルページへのカートボタン他

物忘れがひどくなるのは年齢のせい? たま~にHTMLやCGIをい

ai
問い合わせの傾向から感じる流通の変化

最近問い合わせが増えてるって記事を書いたんですが、実は、もうひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑