*

QUESTの法則ランディングページ

公開日: : 最終更新日:2018/05/24 日記

ランディングページを作りるにあたり、消費者行動モデルはどれを適用するか迷います。ランディングページは縦長で、幾つかのパーツで構成されますが、「ウェブで見つけられる作り方」通り作ればそれで良いか?というと、そうではないことがあるのでやっかいです。

できるだけ多くの消費者行動モデルを知って、自社商品をランディングページで販売するには、どの法則を適用、あるいはアレンジしていけば良いか探る必要があります。今回は、わりとお悩み解決系商品に相性のよいQUESTの法則について軽く。

QUESTの法則では、ターゲットは「老若男女だれでも」ではなく、例えば、「20代の女子大生」であったり、「専業主婦で時間を持て余している人」、「副業をしたいけどまだ行動できていない人」このように、かなり絞り込む場合に有効です。

そんなわけで、絞り込みからスタートするQUESTの法則は次のとおりです。

Q・・・Qualify(絞り込む)
U・・・Understand(共感する)
E・・・Educate(教育する)
S・・・Stimulate(刺激する)
T・・・Transition(変化させる)

絞り込みについては、「就活中の女性大生の方へ」という直球でターゲットに訴求する方法は、「早く内定をもらって楽になりたいと思っていませんか?」といった質問形式のパターンも多く見られます。この絞り込みの段階で重要なのは、「ターゲットを絞り込む」ことと、ターゲットの抱えている「問題を自覚」させることです。

副業に興味がある人がターゲットなら、「給料が少ない。あと1、2万円でも多ければ、あれもできるしこれもできるのに・・・。もし、簡単なネット副業を始めることで1万円でも2万円でも収入が増えると嬉しくないですか?」という感じですね。

ターゲットを絞り込んだあとは、「共感」「教育」「刺激」「変化」と続くわけですが、このへんは他のAIDMAの法則であったりPASONAの法則なんかにもかぶりますね。言葉は違えど、定番的な流れです。

共感は、読み手に「ですよね~」「そうそう。わかるわかる。」と言わせられるような内容がベストです。ですから、例えば、40代、50代のオッサンが女子大生に向けて共感してもらえるような文章を書こうと思うと、これがなかなか難しい。

そんな場合は、女子大生としっかり話をして共感を得られるようなポイントを入手する必要があります。ここ結構重要で、その悩みが共感できないのに、共感を誘う文章ってなかなか書けないですから。ランディングページを作る前に、「何が共感」になるのか下調べが必要になります。パソコンに向かってうぅ~んと考えながらできるもんでもないんですよね。

教育は商品の説明ですね。どんな商品なのか伝えるだけです。ただし、読んでいる人が興味を引くような特徴をあげて、欲しいと思えるような書き方をしないと、ここで離脱されてしまいます。多少盛ってでも、読み手を軽く煽るくらいが良いでしょう。

刺激は文字通り、欲求を更に煽ります。リアルなお客様の声を載せるのいも良いですし、保証や得点をつけるのは定番中の定番です。「もし、いま行動しなければ1年後も同じ悩みで苦しむかもしれません。でも、今ちょっと行動することで、あなたの1年後は今とは全然違ったものになりますよ。」的な感じですかね。

最後は、「申し込みめ。」で締めるのも全法則共通です。大きなボタンでわかりやすく購入へと導きます。ショップサーブでもカートボタンは自由にデザインできるので、次のようなボタンを作って差し替えましょう。

注文ボタン



Adsense

関連記事

no image

浮気して激しく後悔中

ネットショップの本業をしっかりやっておけばいいのに、浮気症のため他の仕事を取ってみました。浮気場所は

記事を読む

ネット注文怖い

「ネットショッピングは怖いから使わない」という人

まだいるんですね~ネットで何かを注文するのが「怖い」と思っている人たち。けっこうな割合ですよ。年代に

記事を読む

ネットがつまらない

ネットがつまらなくなった理由を考えてみた

古くからネットをやっている人で「ネットつまらなくなったよね~」という人は多いです。スマホ世代はそうで

記事を読む

グーグルトレンド

ネットショップ開業希望者、減少傾向

Googleトレンドで、「ネットショップ開業」を調べてみました。 なんとなんと、2010年~2

記事を読む

受注率アップ

クラウドソーシングで受注しやすくなる6つのポイント

クラウドソーシング・サイトがあることに気づかず、放置していた仕事をどんどんアウトソーシングにしていま

記事を読む

モノづくり

ビジネスアイデアは無限にあるようだ。。。

ここ数年、トランクルームが目立ちます。一度使おうかと思ったこともありましたが、1年間預けて年間10万

記事を読む

必要条件と十分条件

必要条件と必要十分条件と十分条件

今読んでるビジネス書に出てきた一文。 『それは必要条件であって十分条件ではない。』 !?

記事を読む

ノーリスク

楽ちんノーリスク。ネット仕入れ在庫不要のネット販売

「ネット販売したいんだけど、何か良い商品、楽に仕入れられないかな?」そんなふうに思っている方

記事を読む

ブラックリスト

クレジットカード残高不足で利用停止。。。

クレジットカードが使えないと思ったら残高不足で引き落としができなかったらしい・・・ 学生時代以

記事を読む

自社コンテンツも買う時代

自社サイトのコンテンツも買う時代?

お仕事募集ページには「記事を買う」募集がいっぱいあるのですが、その大半は、自社コンテンツなどの外注の

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑