*

ネットショップ運営は心理学だ!?

公開日: : 最終更新日:2017/09/13 ウェブ・テクニック, マーケティング, 基礎知識やノウハウ

商品をネットに公開するだけで売れていたのは今は昔。マーケティングにセールステクニック、キャッチコピーやライティング、さらには心理学まで。ネットショップの運営に必要なスキルは年々高度化しております。それがあるからこそ楽しいネットショップ運営です。

さて、今回のテーマは、あなたも必ず経験したことであろう「選択肢が多すぎて選べなーい!」という心理です。

最近、白物家電の冷蔵庫を買ったのですが、選択肢は価格コムで見る限り選択肢は352です。この中から1点選ぶわけですが、家電は得意でメーカーの好き嫌いやこだわりがあるので、すんなり選ぶことができました。選択肢が多すぎると「選べない。」という心理には陥らない例外です。

でも、選択すべき商品やサービスについてマニアだったり詳しかったりしない限り、「冷蔵庫を買い換えたい。」「商品を買いたい。」と思ったとき、「どれを選べば良いかわからない。」状態になるのが普通じゃないでしょうか。

これを心理学では決定回避の法則と言います。

価格コム
(出典:http://kakaku.com/kaden/freezer/)

ショップサーブで専門店を運営して10年以上なので、自社商品については全て知り尽くしています。

でも、初めて来店したお客様は、選択基準ががわからないことが多いんですね。店主としては、「それぞれのブランドの特徴は知ってて当たり前。」の感覚で商品を公開していますが、「ブランドを知らないお客さんも多数いる」という視点を忘れがちです。

この「ブランドを知らないお客さんも多数いる」という事実は、問い合わせやクレームなどの形でわかることがないのがやっかいです。

そこで、商品の見せ方として重要になってくるのが、「ブランドについて無知な人を想定した選択基準の提案(ページやカテゴリ)」です。スーツストアで例えると、「“ブランド別の紹介”はブランドを知っている人向け」です。知らない人には適さないので別の切り口が必要になります。

例えば、よくあるのは価格別やランキングです。これはどこのお店もやっていますが、選択基準は他にもありそうです。「世代別」だとか「体型別」「シーン別(結婚式用?仕事用?)」などです。ま、あくまで「例」ですが。スーツストアやってるわけじゃないです。自分のお店に当てはめて考えましょうって話ですね。

先日は、「そんなオススメ方法があったのか!」と目からウロコが落ちたことがありました。いろいろなお店(特に異業種)を見て回ると、何かしらヒントが得られることが多いです。



Adsense

関連記事

マネー

知らずに余計に払わされているお金

入会金ってよくわかりませんよね。スポーツジムの会員募集ポスターが貼ってあって、見ると、「入会金150

記事を読む

グーペ

純国産ホームページ作成サービス「goope(グーペ)」を使ってみたネット業界人としての感想

ネットショップ一筋20年、ネットショップの企画、構築、運営がメインなので、普通のホームページを作る機

記事を読む

ネットショップ祭り

東京でリアルな「ネットショップ祭り」というイベントが行われていた

昨年5月17日(日)、あのカラーミーショップ主催の「にっぽんネットショップ祭り」なるリアルなイベント

記事を読む

サイト風テーマがない

WordPressのサイト風テーマがない

あるテーマを思いついたんですが、ブログというよりサイトなんですよね。で、今さらHTMLでページ作成な

記事を読む

no image

yahoo! shopping出店申込時に注意すべきポイント

とりあえず無料で出店できるヤフーショッピングを選ぶ人も多いと思います。最近、出店に関わったので、忘れ

記事を読む

ゲーム

ゲームを買ったお金が経費になる

当サイトにたどり着いたおもしろキーワード。 「個人事業をやってるのだがゲームをけっこう買う。こ

記事を読む

小学生も稼いでいる

小学生、中学生、高校生もネットで稼ぐ時代

「youtubeの閲覧ユーザーは小学生が多い。」とはよく聞きますが。さらに、youtubeに動画

記事を読む

海外から日本に販売

海外から販売したい?海外からのお問合わせが増加傾向

副業をしたい人は国内外を問わず増えてきたような気がします。ここで言う海外の人は、アメリカ、ドイツ

記事を読む

信頼できる情報源

信頼できる情報ソースを集めよう

どんな情報でも引き出せるネットですが、ショップ運営者が情報扱うためには、それなりに慎重になりたいと思

記事を読む

イノベーター理論

イノベーター理論を知って、すっきり。

イノベーター理論とは、簡単に言えば、消費者を5つのパターンに分けた考え方です。新商品や新サービスが出

記事を読む

Adsense

Adsense

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

読みたくなる
つい読みたくなる、クリックしたくなるタイトルの作り方

捨てメアドの整理をしていたらキャッチコピー系のメルマガが気になってつい

→もっと見る

PAGE TOP ↑