warningエラーが出てworpressにログインできない場合の解決方法

warning

この記事は約3分で読むことができます。

warning

お店のブログにログインしようと思ったところ、ブラウザ上部に下記の警告&エラーが出て、正しいログインIDやパスワードを入れてもログインできなくなってしまいました。

やばい。

Warning: “continue” targeting switch is equivalent to “break”. Did you mean to use “continue 2”? in /home/******/****/****/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 848

サーバーはさくらインターネット。

オワタ・・・と思って調べてみたら、いとも簡単に解決できてしまいました。

エラー内容を見るとプラグインの「All in one seo pack」の848行に問題がある。」というのがわかります。

ならば、このプラグインを止めてしまえばよいわけです。

ブラウザからログインできないのでFTPを使う。

具体的には、プラグインのフォルダにアクセスして、悪さ?しているプラグインのフォルダ名を変えてしまって動かなくします(wordpressに影響しないようにする)。

そして、再度ログイン画面に行くとエラーは出ずにログインできました。

その発想などあろうはずもなく、焦ってさくらインターネットのサポートに問い合わせしまいました。

というのも、他の記事で、「さくらインターネットのPHPのバージョンが変更になったのが原因」といった記事も見かけたから。この時点で、「けしからん!さくらの責任だ!」と勘違いしてしまったわけです。責任転嫁のクセ、ダメですね~

サポートからは、もちろん、「ユーザーさんのコンテンツには一切関知しないので、サポートなかしないよ。」とのご返答。そりゃそうですね。WPは自己責任で使うものですから。誰のサポートも受けられないのが前提です。

それにしても、どこの誰だかわかりませんが、親切に解決方法を書いてくれていたので助かりました。

一方、通販で使っているショップサーブの場合は、「ログインできない。(正しいIDやパスワードなのに)」とか「エラーが出る。」なんて場合は、遠慮なくドンドン問い合わせしましょう。

こちらは有料サービスですから、そのあたりはしっかりサポートしてくれます。

ただし、「HTMLを書いたけど表示されない」「レイアウトが崩れる。」などはサポート対象外ですのでご注意されたし。