何が良い!?地味に重宝するショップサーブの2つの機能

この記事は約4分で読むことができます。

先日、ショップサーブの管理画面が微改善がありまして、普段利用するうえで感じていたストレスも微減しました。いや~とっても嬉しいコトですね!

そのタイミングで、商品のリニューアル(入れ替え)があっていろいろ作業してましたところ、「これ、普通に便利だけど、他の通販開業サービスってやってたっけ?」という機能が2つあったので紹介します。

1つ目は、商品ごとに決済方法が設定できる
2つ目は、入荷連絡希望メール機能

1.商品別に決済方法が設定できる

「自社に在庫を持っていて、どの商品にも自社で用意している決済方法が使える。」というネットショップには関係ないです。

でも、「在庫品を販売することもあれば、メーカー直送品を販売することもある。ただ、、メーカー直送品は代引きが使えない。」こんな場合もあるんですよね。

昔使っていたシステムだと、そういった細かい設定ができないので、ページ上で注意書きとして「代引きはご利用できません。」と書いていました。でも、カートに入れて手続きを進めると代引きも選択できてしまいます。

だから、メーカー直送品を代引きで購入するお客さんがいて、その都度、「すみません。代引き無理なんです。」なんてメールを送ったり電話をしたりしないといけないことがありました。

でも、ショップサーブでは、代引き不可の商品は、「そもそも代引き不可」の設定ができるんです。機能の具体名は「決済グループ」です。とても充実したマニュアルが公開されているので、気になる方はチェックしてみてください。

2.再入荷連絡メール機能

「入荷を待ってでも欲しい!」という根強い人気のある商品やブームの商品を扱っている場合は、超絶に重宝する機能です。

お客さんにしてみれば、欲しい商品のページを開いたところ「SOLD OUT(入荷待ち)」となっているとガッカリです。

通常なら、ガッカリだけしてページを閉じてしまうところですが、再入荷連絡メール機能があると、品切れ商品のページに「入荷したら連絡しますよ。」メールが登録できるフォームを表示させることができます。

再入荷メール機能

入荷を待ってでも欲しい人は、本当に欲しい人なんです。確実に買う人です。

でも、いくら「欲しくでも」定期的にネットショップをチェックするほどヒマな人はいません。普段は忘れていますからね。

だから、お店から情報を発信することで思い出してもらえるという効果があります。

待望の商品が入荷したとき、入荷連絡希望のお客さんに一斉送信でメールを送ったときの注文の入り方って、ちょー気持ちいですよ。

普段、SEOだのコンテンツマーケティングだので、いろいろ施策をするものの、明らか手ごたえのある結果が得られることは少ないですが、入荷連絡メールは、目に見えて結果がでますから。

病みつきです。と言っても、人気商品が品切れしているときに限りますけどね・・・

輸入商品をはじめ、一時的に品切れをしてしまう商品を扱っていてる場合、販売サイトの機能として「入荷連絡メール」は絶対に外せないと思います。

いろいろな通販サービスがありますが、該当するお店さんは、その辺もチェック項目に入れてみてはいかがでしょうか。