*

副業はネットショップでGO!

公開日: : 最終更新日:2017/05/25 副業, 日記, 起業や開業

この記事は約3分で読むことができます。

「脱サラしてネットショップ起業」なんて言葉も、なつかしいですが、今では副業基本ですからね。

どんどん副業しましょう。

ビビりすぎの人が多いですけど、そんなにビビることでもないでしょう。

バレなければいいじゃないですか。

会社はしょせん、あなたのことは人件費というコストでしか見ていませんから。役にたっていない人は早く辞めて欲しいと思ってます。

中には、人間として扱ってくれている会社もあると思いますが、企業の決算書では、人件費は、コピー用紙代やトイレットペーパーなどの消耗品費と同じ経費の欄に入ってますから。

ま、こんな言い方すると怒られそうですけどね。

バレないように、本業に支障をきたさないようにやれば全然OKでしょう。

「マイナンバー制度で副業がバレるのでは?」と心配する人もいますが、マイナンバーを使って、会社が従業員の本業以外の収入を調べるなんてことできませんから安心してください。

あと、重要なのは、確定申告のときに住民税を普通徴収にすることです。もはや、常識ですね。会社でもらっているお給料に対する住民税は天引きそのままにしておいて、副収入分にかかる税金は自分で納付することで、会社にバレることがなくなります。

住民税

「給与から差引き」となると、給料明細の住民税の額が変わることで、気づかれる場合があるので注意が必要です。

最近、「副業がしたい。今の給料では足りない。後月2万円ほど欲しい。どーしたら良いか?」という相談を受けました。というか、そういう相談はファイナンシャル・プランナーでしょう。と言いたいけど、のらりくらりと回答しているところです。

ま、彼を見ていると、「副業したい気持ちはあるけど行動する気はない。」という印象なので放置しますが。

副業でネットショップ始めるなら、ショップサーブでキマリ!

※副業は自己責任で。


Adsense

関連記事

vacationrental

空き家をビジネスにするアイデア

田舎に帰ったときに毎回気になるのが空き家。親戚も実家にも空き家あり。家政婦さんじゃないですが、空き家

記事を読む

何が良いのか

今事業を始めるなら何がいい?

今から事業をするならどんな業種が良いのか? これ、難しいですよね~。商売を始めるタイミングって

記事を読む

ショッピングカート改善

Eストアーはショッピングカートを改善してちょ

EストアーのショップサーブはECサイトを構築運営するための汎用性の高いサービスです。 でも

記事を読む

アパレル・ファッションの定番仕入れ方法

ファッション系の仕入れは展示会が基本だと思います。直近では、国際アパレルEXPOが2016年11

記事を読む

no image

「ネットショップ開業ホームページ制作」は120%間違いです

「ネットショップを開業しよう。」 「ネットショップを開業したい。」 「ということは、ホー

記事を読む

no image

Amazon大口出品サービス出店時の注意点

国内最強級の集客力を誇るアマゾンですが商品によってはよく売れる場合があります。まずは、小口出品サービ

記事を読む

流通総額

流通総額(2016年)から見る開業サービスの選び方

プライベートでネットショッピングをしようと思えば、必ずと言っていいほどショップサーブのお店にヒットし

記事を読む

円グラグサムネイル

2015年のブラウザ利用状況とユーザー端末環境の行方

ショップ運営者としてときどきチェックしたいのが、ユーザー(訪問者)の利用しているブラウザや端末の情報

記事を読む

フレームワーク

ターゲットを考える場合のフレームワーク(オリジナル)

新商品が出るたびにターゲット(誰に売る?)を考えます。その時の指針にするチェックリストのようなものを

記事を読む

ゆうちょ銀行

IDやパスワードの管理方法

ずいぶんと前の話ですが、ゆうちょ銀行にトークン登場。勝手に送りつけられて困ってます。一応置いてます。

記事を読む

Adsense

Adsense

リピート販促
「保有ポイント失効」のお知らせでリピート購入を促す方法があります。

もったいない精神。 多くの日本人がもつ感情ですが、そこに

base進化
無料ネット販売アプリのベイスの進化がヤバイ。

最近、周りで、ベイス(BASE株式会社@東京都港区)で、ネット販売

パソコンは人にやるな
使わなくなったパソコンは人にあげてはいけない

個人事業主は1月~12月が事業年度です。12月ともなれば、「ちょっ

airCloset エアクロ
ビジネスアイデア!月額制レンタルファッション「airCloset」

悩みやコンプレックスに直接訴求して、解決、解消できる商品やサービス

個人事業主
個人事業主の極楽は、いつまで続くのか。

年収300万円程度の正社員の払う所得税は約6万円住民税が約12万円。言

→もっと見る

PAGE TOP ↑