ネット通販で億超えを狙う方法

億超え

この記事は約4分で読むことができます。

ネット通販 億超えのルール (単行本)

ネット販売関係では、久々の良書じゃないでしょうか。失礼な言い方をするなら「まとも」な内容という感じです。初心者にはややハードルが高いですが、頑張れば理解できないことはないと思います。

ネットショップを「(何も考えずに、とりあえず)作れば売れた」時代から比べると、現在では、1件の注文を取るまでの組み立てが、当時からは考えられないくらい高度なスキルを要求されるようなってしまいました。と言っても、プログラミングするような難解なもではなく、通販の基本通り地道に組み立てるだけですが。

もちろん、この本を読めば「猿でも億超え。」なんて簡単な話ではないです。P41「通販業界の全体像を把握し自社にあった「スキマ」を見つけよう!」とあるように、手持ちの商品を、この書籍の指南する通り販売したところで、億超えは難しいですから、「どのような商品(What)をどのような場所(Where)で、どのように(How)販売してく。」あたりは、明確にしておかないと、スタートできません。

また、億超えを狙う前提として、<u>そもそも</u>「『商品』が市場で勝てるポテンシャル(可能性)を持っていないといけない」のは当然かと思います。「ハンドメイド雑貨を作って億超えを狙うぞ!」というパターンもあれば、「これまでになかったダイエットサプリで億超えを狙うぞ!」というパターンもあります。両者を比べると、<u>そもそも</u>ポテンシャルが全然違います。

本書でも当然の条件として扱われているのが「リピート」です。リピート商品なくして億超えは難しいのが、現在の通販業界です。リピート前提で億を狙う場合は、やはり、女性ターゲットのダイエット系や美容系などの商材が強いですかね。(

そして、テクニカルな話になりますが、単品リピート通販モデルで定番的に使われるのがランディングページ(LP)です。本書では、詳しく解説されていませんがLP作成の基本からチューニングまでのノウハウも、しっかり身につけて置く必要がありそうです。

本書で書かれているのは、あくまで総論的な内容です。本書をきっかけとして、例えば、専門用語をきっかけに、関連する各分野の知識やテクニックなども総合的に習得して実践することで初めて、億超えの条件がそろうのではないでしょうか。

ま、難し話は置いておいて、とにかく、「勉強したくない」「楽したい」アホのために、もっと簡単に売れる方法を教えてほしいです。億超えなんて求めません。8000万くらいで十分です。いや5000万でもいいです。そんなテクニック情報求めてます。