*

楽天ID決済導入!楽天ユーザーが取り込めるチャンス!

公開日: : 最終更新日:2017/02/03 ショップサーブ, ネットビジネス, マーケティング

Eストアー(ショップサーブ)からのニュースレターで大事なトピックを見逃してました。

なんと!いよいよ「楽天ID決済」の導入です。

2015年9月16日申し込み受付開始
2015年10月21日サービス開始

楽天ID決済とは、楽天の会員が楽天に登録しているクレジットカードや配送先などを使って注文ができる仕組みです。ショッピングカートの決済ステップのところで楽天ID決済を選ぶと、楽天ID決済画面に飛んで手続きを進めるというものです。入力の手間が大幅に削減できるうえ、楽天のポイントが使えるので、買い物客にとっては良いことずくめです。

料金や詳細の公開は後日ですが、「初期費用、固定費0円、(販売毎の)手数料5%」というパターンではないでしょうか。ヤフーウォレットは「初期費用、固定費0円、手数料4.7%」。いずれも審査あり。

楽天ユーザーが取り込めるチャンスといえばチャンスですが、結構なコストがかかりますね。楽天ユーザーがpark(旧ショッピングフィード)を経由してクレジットカード(JCB)で支払いとなると合計で15%の手数料です。ポイント1%以上強制なら16%~。

過去に、売価1000円(7.5掛け)の商品を扱っていましたが、雀の涙ほどしか残りませんね(笑)仕入れの掛け率が高く、単価の低い商品を扱っていてる場合、メリットは少ないですが、3000円以上の単価でリピート系の商材を扱っている場合は、15%程度のコストは、まだまだ割安じゃないでしょうか。

ショップサーブ出店ユーザーが楽天ID決済を導入してもデメリットはなさそうです。もし、固定費がかかる場合は、利用状況を見て継続するかしないか決めれば良いので、とりあえずは申し込んでおくのが良さそうです。

こういった多彩な決済方法が使えるのは自作サイトでは得られないメリットです。自作系のネットショップで未だに決済方法は「銀行振込と代金引換とクレジットカードだけ」といったお店もあります。それだけで満足している場合はいいけど、もっと「顧客が欲しい!」なんて思っているお店はショップサーブに乗り換えてみるのも良いかと思います。

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)




Adsense

関連記事

フォームメールで売上UP

高機能フォームメールを活用して売上アップ

問い合わせのフォームも、使い方によっては受注数のアップにつながるケースがあります。フォームから受注と

記事を読む

後払い

後払い採用で売上アップは本当だった

一時、郵便振替などで後払いを試したことがあったんですが、「未払い者」続出ですぐに断念しました。201

記事を読む

11月の戦略

イベントカレンダーで11月の戦略を練ろう

ノマドワーカー的ショップ運営者は、一般的な世間の流れとは全然関係のないところで活動していたりするので

記事を読む

ランディングページの作り方

ランディングページの作り方は2種類!?

ランディングページの作成で3時間格闘しました。 「ランディングページの作り方」と検索すると、い

記事を読む

コピーキャット

コピーキャット方式で起業ネタを探す

早めに1年を振り返って来年に活かしたいと思いますが反省ばかりですね。頭デッカチで行動がまったくついて

記事を読む

クロスセリング

クロスセリング(ついで買い)テクニックを導入する方法

マーケティング用語「クロスセリング」。日本語で言えば「ついで買い」。古くは、ハンバーガーチェーンの「

記事を読む

wappy

「ワッピーぬいぐるみ」をもらい損ねる

このブログは、2014年5月にWADAXからレンタルサーバーさくらインターネットに乗り換えました。も

記事を読む

ネット通販の実情を垣間見るならこのサイト

モノを販売する物販ながら、一般の人の目に触れることのないネットショップ。実業なのか虚業なのかよく

記事を読む

ポイントは誰のもの?

ヤフーショッピングのポイント負担、ポイント支払いなどについて

ヤフーショッピングに出店すると、店舗側の意思に関係なく、購入者にはTポイントを差し上げる必要がありま

記事を読む

ヘロウィーン

秋(10月)の販促キャンペーンを打ちまくろう

H26年の家計調査では、10月の食料支出や家具や家事用品の支出ランキングは6位。ちょうど真ん中なので

記事を読む

Adsense

Adsense

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

読みたくなる
つい読みたくなる、クリックしたくなるタイトルの作り方

捨てメアドの整理をしていたらキャッチコピー系のメルマガが気になってつい

→もっと見る

PAGE TOP ↑