*

アマゾン(amazon)は敵のはずが・・・

公開日: : 最終更新日:2017/02/03 ネットビジネス, 日記

この記事は約2分で読むことができます。

当店で販売している商品を、仕入れ値以下で販売し続けるアマゾン。

正確には、アマゾン本体ではなく、そこに出店しているメーカー・・・

メーカーが、小売店に卸す価格以下で直販している現状について、「メーカーもそこまでやらないといけないほど厳しい状況に追いやられている」「小売店が(メーカーが満足するような)販売をしていない」などと解釈すれば、ま、仕方ないかと思えます。

でも、やはり、正直、当店より安く売られては困ります。

やめてほしいです。

メーカー直販でなくても、同じ商品を、とても真似できないような割引率で販売している場合もあります。

形式的には敵なんですが、それが、不思議と嫌いな感情ってないんですよね。

某大手有名インターネット関連企業で、営業方法に問題があったり、トップのやり方がユーザーの支持を得られないで嫌われてる企業ってありますが、そういった感情がないわけです。

だから、「敵」と言いながらも、個人的には、ミネラルウォーターから電化製品まで、日常的に利用しまくっています。これが、嫌いな感情があれば、他サイトで買ったりしますからね。

なぜ、敵である企業に対して、嫌いの感情を持たないのか?

理由を考えてみると・・・

・まるで自動販売機だから。
・社長の顔を知らない。
・しつこい電話営業などを受けたことがないから。
・サイトの作りが素晴らしく、逆に参考にさせて頂いているから。

という感じ。

形式的には敵でも、できるだけ、感情的な敵を作らないよう気をつけたい、と思った今日このごろ。そのテクニックはアマゾンから盗もう。

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)




Adsense

関連記事

オーディオルーム

起業ネタ レンタル(高級)オーディオルーム

CDが売れなくなったのは、音楽配信などの影響が大きいと思いますが、部屋でゆったり楽を聴くという習

記事を読む

12月1日~BASEユーザーはエスクロー決済が必須

エスクローとは、簡単に言えば決済の仲介です。BASE株式会社がエスクローを始めるということは、決済の

記事を読む

自社コンテンツも買う時代

自社サイトのコンテンツも買う時代?

お仕事募集ページには「記事を買う」募集がいっぱいあるのですが、その大半は、自社コンテンツなどの外注の

記事を読む

no image

銀行に関して不思議なことが2つ

毎月25日に見る銀行ATMコーナーでの行列。 1つ目の不思議です。 もちろん、どういった

記事を読む

小学生も稼いでいる

小学生、中学生、高校生もネットで稼ぐ時代

「youtubeの閲覧ユーザーは小学生が多い。」とはよく聞きますが。さらに、youtubeに動画

記事を読む

ルミーズ配布終了

ルミーズ・ショッピングカートCGI配布終了

http://www.remise.jp/news/20141015.htm フリーショッピン

記事を読む

spike

ネット販売業界激震!?カード手数料0円のサービス

現在使っているショップサーブのクレジットカードの手数料は業界でも最安値クラス。VISAやMASTER

記事を読む

ドキドキ

真剣にネットショップ開業を目指す方のためのテキスト

ネットショップ能力認定機構という団体があって、そこが出版している公式テキストがオススメです。今すぐ開

記事を読む

副業をする3つの理由

副業する理由は3つ

副業全盛の時代ですが、副業をする人の理由はまとめると3つになりそうです。乾いたタオル同様の脳で1分間

記事を読む

匿名で

ネットショップを匿名で始める方法

FACEBOOKに顔も本名も出して平気な人もいれば、顔写真も本名もネットに公表したくない人もいます。

記事を読む

Adsense

Adsense

サポートの品質
サポートの品質で企業の正体がバレてしまう。

ネットショップ1店舗の引っ越し先として検討していた某社。気にな

簡単に取れて稼げる資格
簡単に取れて稼げる資格

税理士の資格を取れば税理士として商売ができるけど独学では難しい

固定費0円
クレジット決済手数料が安い・固定費が無料や安いサービス5選

あっちこっちにネットショップを作っていると大変です。ある通販サ

5つの鉄則
ネットショップ成功の秘訣5つの鉄則

ビジネスとはあまり関連のない教育ジャンルで、とてもいい記事があ

スマホ対応レスポンシブ化
コーポレートサイト(会社ホームページ)のレスポンシブWEBデザイン化で儲ける方法

今ではほとんどの企業やお店がウェブサイトを持っているのは周知の

→もっと見る

PAGE TOP ↑