*

クーポンを活用してリピーター獲得大作戦

公開日: : 最終更新日:2017/12/31 ショップサーブ, ネットショップ運営

ショップサーブの便利な「クーポン発行機能」ですが、あまり活用できていないお店さんが多いようです。クーポンを活用してリピーターを獲得する方法を紹介します。

まず、概要ですが、クーポンを複数発行します。そしてクーポンコードを印刷した用紙を商品と一緒にお届けします。「割引があるなら次も使おう」と思ったお客さんはリピートしてくれるという流れです。100人中100人が利用するとは思わないことがポイントで、100人中せいぜい5人(5%)が使ってくれれば良いくらいの気持ちでいると良いと思います。

では、実務面ですが、8つの項目を決めます。

1.利用対象:会員のみ(「誰でも」も選べますが会員がベター)
2.クーポンコード:coupon2016asp01(abc01など次のコードが予測できそうなものは避ける)
3.クーポン名:お得意様特別クーポン(お得感のある言葉を使う)
4.発行期間:1年くらいが妥当(10年先まで設定可能)
5.割引:定額と%で選べますので商品に応じてどちらかを
6.利用金額条件:できれば「指定しない」(ハードルを低くしておく)
7.回数制限:1回(制限なしだと限定感がなくなる)
8.クーポン対象商品:全商品がベター(対象外を選べばよいが、今のところ対象商品を選ぶ機能だけ)

「複数同時に発行する」というのがポイントでしょう。また、新規客のリピート対策はできるだけハードルを低くするのがよいですね。割引の理想は定額なのですが(その方が直感的にわかりやすい)、商品によって価格差がある場合は割合(%)です。

普通のクーポンでも魅力を感じるお客さんもいますが、「ぜひ使いたい。」と思わせる工夫があれば、リピート率は高まります。例えば、「クーポンを全部使いきったお客様には○○プレゼント。」など。

クーポン名も「お得意様特別クーポン」としましたが、いたって普通のクーポン名なので、お客さんが、思わず二度見するようなキャッチーな魅力的なネーミングにすると良いです。ここは運営者が考えることですね。

せっかくのショップサーブ販促機能ですからフル活用したいところです。


Adsense

関連記事

新しいネットショップ

久々に新しいネットショップを立ち上げてみた

ひまになったので、新しい商材でネットショップを立ち上げてみました。ひとつのテーマでネットショップを開

記事を読む

受注管理ノウハウ

ネット通販受注管理ノウハウ

ネット通販の受注管理スタイルは大きく分けて3タイプあります。 (1) レンタルネットショップの

記事を読む

アンケート

アンケートに答えたらサービスがよくなった

アンケート(enquête)はフランス語で、英語ではSurvey、questionnaireと言うら

記事を読む

ブログ運営

一人で6つのブログを運営するためのコツ

気がつけば、仕事とプライベート含め6つのブログを運営中。 (うちひとつはFACEBOOK)

記事を読む

縮図

ネットショップビジネスは起業の縮図?

リアルのどんなビジネスでも、だいたい4ステップのマーケティングでビジネスが成り立ってると言います。

記事を読む

受信拒否

迷惑客のメールを受信拒否する方法

電話や携帯メールは受信拒否が簡単にできますが、実は、メールの拒否機能ってないんですよね。Gmai

記事を読む

パクリ

ホームページ デザインのパクりは罪?

なかなか微妙なテーマです。 極端な例として、ブランドバッグや腕時計の正規品を販売するネットショ

記事を読む

ネットショップ運営

中小企業のネット販売運営に向いているサービス

「ネット販売を始めたい」という相談を受けたときは、迷わずショップサーブをすすめています。 理由

記事を読む

メルカリとネットショップ比較

メルカリとネットショップの比較(何がどう違うのか。)

「物は試し」とメルカリを使って商品を販売してみました。売れるのは売れました。何点か売ってみて、ネット

記事を読む

no image

アクセスユーザーは4タイプに分けて考える

ネットショップを公開すると、予想通りのアクセス以外、予想外の訪問者もたくさんやってくるようになります

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑