*

今後伸びる熱い市場、狙い目商品はロボット掃除機!?

公開日: : 最終更新日:2017/11/10 おもしろキーワード, ネットショップ運営

「ルンバが欲しい。」なんてよく聞きますがまったく興味なし。「だいたい段差も登れないし荷物をどかしてまで掃除してくれるわけでもないし。何もない床を掃除することしかできない家電に5万も6万も払うのはバカバカしい。」と思っていましたが、どうやら世間はそうでもないらしいです。

ロボット掃除機を欲しがる人はかなりの数いるみたいです。ただ、「今はお値段が・・・ということで買い渋っている。潜在需要は相当なものだ。」と家電業界の人たちは考えているとかいないとか?

掃除機が欲しい人と考えると、まず思い浮かぶのが(専業)主婦。中には一人暮らしのサラリーマンや主夫もいるでしょう。また、会社や病院などの施設などでも導入したいと考えているところもあるでしょう。

どこのどなたが作ったのかわからないけど、メチャクチャわかりやすい市場規模マップでは「ロボット掃除機」の市場規模は「100億円弱(2011年)」とされています。

でも、欲しいと考えている層は、主婦から一人暮らしの学生やサラリーマン、企業にいたるまで広範囲に渡っているとかんがえられるので、今後は100億どころの話ではないんじゃないでしょうか。

各家庭にほぼ100%設置してある洗濯機で、2013年~2015年のデータでは、ほぼ毎年500万台くらい出荷されています(*1)。日本の世帯数が約5,300万(*2)なので、全世帯の10%くらいの割合で新規購入や買い換えが発生しているのではないかと思います。

ロボット掃除機が単純に全世帯に行き渡ると仮定して単価5万円で計算すると26.5兆!外食産業並・・大間違いの計算ですね。

全世帯というのはまずあり得ないですし、欲しくない人もいるわけですから5,300万世帯のうち欲しい世帯を10%の530万世帯と仮定します。つまり、世帯として欲しい人数は530万人。これに企業などの需要を470万件プラス(どんな根拠w)して潜在需要は1,000万。計算方法にまったく根拠なし!

そこへ、価格が下がり19,800円まできたところでブレイク。それを計算すると約2,000億円(19,800円で1,000万人が1台買った場合)。家電小売の市場規模が7兆円なんで、わりとあり得る数字かもしれません。わかりませんが。

というところで、こんな記事が・・・『調査会社の富士経済によると、11年の市場規模は93億5000万円(国内メーカーの海外販売を含む)に達し、20年には560億円と約6倍に膨らむ見通し。』
http://www.sankeibiz.jp/business/news/120809/bsc1208090500000-n1.htm

まぁ、とんだ皮算用でした。そんなこんなで言いたいことは、世の中これからロボットですよ。AIやIotですよ。

翻ってネットショップの管理画面を考えると、ここにもロボットが必要です。

エクセルには毎回同じ作業を自動化させるマクロというツールというかシステムがあるにもかかわらず、ネットショップ管理画面ははNOマクロですよ。そのおかげで、本来なら自動化できるような作業もひたすら人力でやらなければいけない羽目になっています。

ぜひ、ショップサーブは、管理画面にマクロ機能を取り込んで欲しいですね。ショップ運営もロボット化です。「今後なくなる仕事→ネットショップスタッフ」とか。ネットショップは自販機とは言いますが、現状、人の手による作業が多くを占めています。

ASP人工知能やIotを取り入れて全自動化を推進して欲しいものです。ページ作成からSEO、文章作成、そして写真撮影も全部ロボットで。

*1
https://www.gfk.com/fileadmin/user_upload/dyna_content/JP/20160819_20161H_CEandHomeAppliance.pdf
*2
http://www.stat.go.jp/info/today/106.htm



Adsense

関連記事

なブログ終了

「なブログ」サービス終了で独自ドメイン所有の重要性を痛感

ブログでネットショップを作るというコーナーから、ブログサービスの「なブログ」へ移動すると、「サービス

記事を読む

アフィリエーターに宣伝してもらう方法

アフィリエーターに宣伝してもらう方法

おもしろ訪問キーワードです。 残念ながら、有力アフィリエーターに宣伝してもらうアイデアは持ちあ

記事を読む

学ぶ

勘違いしたお客様のメールから学ぶ

今日のショップ運営日記。毎日トラブルがあると日記にもなるんですが、月に1~2回くらいでしょうか、大な

記事を読む

契約書

卸をする場合の契約書はいるのか?

「これまで小売のネットショップをやってきたが、オリジナル商品を作ったり輸入したので卸したい。」

記事を読む

no image

ステマは倫理観の問題

たまたま同業者のサイトを見た時、レビューのひとつが、明らかに自作自演でした。一般ユーザーが知る由もな

記事を読む

売れない理由

ショップサーブ売れない3つの理由

ほぼ定番になった「ショップサーブ 売れない」 「ショップサーブに出店しているが売れない。」

記事を読む

送料を含めた価格

販売価格に配送料を含めた金額にしたい

送料について、注文のしやすさ、つまり、顧客心理の観点から普通に考えると、次のような順位付けになるので

記事を読む

壁掛けテレビ

ネットショップ繁盛の方法は繁盛店に学ぶ

壁掛けにできるくらいの薄型テレビを購入しました。ただ、そこには壁掛け用の金具は付属していないんですね

記事を読む

画像検索

「その画像どこから仕入れたのか?」を調べる方法

「この画像(写真)いいよな。でも、このサイトからコピペすると著作権に違反するかもしれないからできない

記事を読む

park.jp

集客方法がわからない、広告宣伝費もあまり出せない。

今回はこの質問。 集客方法わからい&広告費もだせないのだが。 同社の回答は次の通り。

記事を読む

Adsense

Adsense

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

読みたくなる
つい読みたくなる、クリックしたくなるタイトルの作り方

捨てメアドの整理をしていたらキャッチコピー系のメルマガが気になってつい

→もっと見る

PAGE TOP ↑