*

共用SSLの使い方にちょっと注意

公開日: : 最終更新日:2015/04/23 ネットショップ運営, 基礎知識やノウハウ, 日記

個人情報などを送信するページはSSL(暗号化通信)を使うのが常識。でも、独自SSLを買うのはもったいないので、サーバーの共用SSLを使っているサイトも多いと思います。

共用SSL(例)https://myname.sakura.ne.jp(無料)

独自SSL(例)https://mayname.co.jp(有料)

「プロバイダーの無料ホームページ用スペースでネットショップ」をやってしまうと、サービス終了と同時にお店が消滅してしまうあれと同じで、共用SSLページを公開型で使ってしまうと、移転すると同時にそのページは消滅してしまいます。

これ、うっかり忘れてたというか、今回の移転で気づきました。

公開してたSSLページはメールフォームです。既にCGIの配布サイトも消えてないのですが、フォーム入力欄が「.cgi」なので、そのまま共用SSLのURLで公開してましたが、移転すると、この共用SSLページは消えてなくなることになります。検索結果上位にランクしていたら、とんでもない損失になってしまいます。

ショップサーブなどの問い合せページはJavaScriptで呼び出しているし、フォームの中にコンテンツもないので、気にする必要はないです。でも、Q&Aなどを盛り込んだり、SEOを意識した作りにしても、「引っ越しの時は置いていかないといけない」という点は注意したいところです。

そういう意味でも、「作るページは持ちだし可能な独自ドメインの静的URLにしておく」というのは、サイトを構築するうえで、重要なポイントになりそうです。

ちなみに、ちょっと中級以上の話ですが、動的URLをhtaccessを使って静的URLにリダイレクトしている場合は、サーバーによってはhtaccessの書き方が違ったり、同じようにリダイレクトできない場合があるので、引っ越し前に、おためし期間などを使ってチェックしておく必要があります。

Adsense

関連記事

ハウマッチ!

確定申告が終わったので英語でクールダウン

「確定申告という作業に何の魅力も感じないので全く気が進まず、結局前日にやってしまった。」そんな人も多

記事を読む

コインランドリー

コインランドリー経営に興味が出たけど、あきらめた

自動運営の神様が降りてきて「コインランドリーをやってみたら?」というお告げがあったのかなかったのか、

記事を読む

メール便の代わりの手段で商品を安く送る

先月末でメール便が終了したんですよね。メール便はめったに使わないけど、たまに使うので「なければ困る」

記事を読む

関係

ネットショップと店長ブログの関係は?

「ネットショップと店長ブログの関係は?」と、なかなか難しい質問。 とても親密です・・・

記事を読む

no image

お客様からの電話を積極的にとると・・・

「郷に入れば郷に従え」というコトワザがあるように、ネットでショッピングする場合は、ネットで注文、問い

記事を読む

送料無料

「送料無料」・・・無料なのはお客さんだけ(泣)

おもしろランディング・キーワード「ネットショップ 送料無料の送料はどこが払っているのですか?」。昨日

記事を読む

即戦力

副業も本気でやる人が勝ち残る時代

副業でも本業でも、結局のところ、知識や経験、スキルレベルや人脈などが豊富であればあるほど実入りが良い

記事を読む

no image

社会貢献をネタ!?に売上を上げる方法

不用品をリサイクルショップに買い取ってもらおうと検索していたところ、とlあるリサイクルショップにたど

記事を読む

no image

ブログは、やはりテーマの選び方?

新しく別口でブログを始めて数ヶ月経ちますが、非常に順調です。 まず第一に記事がめちゃくちゃ書き

記事を読む

人気店から学ぶ

売れているお店からテクニックを学ぶ

売れているお店には、販売のコツが満載です。今回は、某ショッピングモールの2015年の受賞店を覗いて回

記事を読む

Adsense

Adsense

貴重なセミナー終わるかも
貴重なセミナー終わっちゃうかもよ~

ショップサーブを運営するEストアーが、ネットショップの新規開業ユーザー

no image
QUESTの法則ランディングページ

ランディングページを作りるにあたり、消費者行動モデルはどれを適用するか

インスタグラムからのネット販売
インスタからのネット販売

「これ欲しい~」とメッセージもらったのがインスタのキャプチャ。ユーザー

オリジナルページ
ショップサーブオリジナルページへのカートボタン他

物忘れがひどくなるのは年齢のせい? たま~にHTMLやCGIをい

ai
問い合わせの傾向から感じる流通の変化

最近問い合わせが増えてるって記事を書いたんですが、実は、もうひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑