*

デザイン設定で最初にやっておきたいこと(その1)

公開日: : 最終更新日:2016/08/09 ネットショップの作り方, ヤフーショッピング・作成講座

「ヤフーショッピングに出店してみた。」ものの、デザインをいじりだすと止まらなくなるのが、もとウェブクリエーターの性ってところです。その気持ちを押さえて、最低限やっておきたいのは次の3つ。

(1)センタリング

恐らくデフォルト(初期の状態)では、レイアウトは左寄せになっているのではないでしょうか。これを真ん中に配置しておきます。

「ストア情報設定」の「エディター設定」で編集モードを「通常モード」にしておきます。その上で「ストアデザイン」→「全体の設定」と進み、ページ幅を900前後にして、「位置」を「中央」にチェックをします。

(2)ヘッダーナビゲーションを画像ボタンにする

デフォルではテキストリンクで、とても格好悪く感じます。ページの下のほうであれば、見られることも少ないでしょうが、「ヘッダー」は、お客様へのイメージ付に非常に大事な部分ですから、せめてオリジナルボタンにしておきたいところです。

ヤフーショッピングでは、ヘッダーナビゲーションとは言わず、「ストアサービス」という言葉が使われています。「ストアデザイン」→「ヘッダー・看板」のところで、画像を登録していきます。

ヘッダー

お店の全体の幅を900にしてボタンを標準の7個配置する場合は、ちょっと計算。幅126pxのボタンを7個作れば、ぴったり収まる計算です。縦の大きさは適当に決めます。

{900-([3px]×6個=18px)}÷7=126px

ちなみに、ストアサービスは並び替えができないので、配置の順番を変えたい場合は、ストアサービスを全部「表示しない」設定にして、「フリースペース」を使って、オリジナルボタンと希望の配置が可能になります。(HTML習得者中級向け)

※関連
ヤフーストア作成講座


Adsense

関連記事

no image

予約システムはアプリ開発よりCGI

「予約のシステムを使いたい。」というのはネット系の企業よりもリアルのビジネスのほうが多いかもしれませ

記事を読む

CS-CART

新種発見か?レスポンシブ対応CSカート

サーバーにインストールして使うCS-CARTというカートプログラムを発見。 レスポンシブ(端末

記事を読む

欠品率

27万点の中からドル箱アイテムを探そう

トップセラー(Top Seller)の商品数が27万点を突破したそうです。27万円はわかりますが、2

記事を読む

テクニック

やられてしまった・・・実店舗雑貨店のずる賢い販売テクニック

「たまにはリアルの「モノ」を見なければ」と思って駅ナカの雑貨店でウロウロしていました。ちょうど赤のボ

記事を読む

yahoo! shopping ヘッダーの作成

「ストアデザイン」→「看板」(←ヘッダー画像のこと) 全体の設定で入力したお店ページの幅(9

記事を読む

クロスセリング

クロスセリング(ついで買い)テクニックを導入する方法

マーケティング用語「クロスセリング」。日本語で言えば「ついで買い」。古くは、ハンバーガーチェーンの「

記事を読む

ヤフー掲示板

このアイデアは失敗に終わった

カラーミーの助け合い掲示板は盛況なのに、yahoo! shoppingの出店者用の助け合い(サポート

記事を読む

あなたの知らない世界

使わなければ一生知ることのない世界

時速制限のないことで有名なドイツのアウトバーン。そこを日本車(GT-R/日産)で300km以上のスピ

記事を読む

操作方法

ネットで買い物するためのパソコンやスマホの操作方法

普段、パソコンやスマホなどIT機器に慣れている人には、信じがたい話なのですが、「ネットショップを

記事を読む

写真加工やバナー作成におすすめの無料ソフト

ネットショップでは、写真加工やバナー作成はかなり重要な仕事になっています。写真加工は、一般的にはPh

記事を読む

Adsense

Adsense

アプリスキル
アプリ開発の技術くれ

S-chop(スコップ)というアプリをご存知でしょうか。 『スマ

呪縛からの開放
無料当たり前という固定観念の呪縛かの開放

ネットショップを開業している人にとっては、当たり前のASP(通販システ

グランプリ受賞
ネットショップ大賞2016グランプリ受賞を逃す

すみません。別にノミネートされていたわけでも、声がかかったわけでも

仕事にやる気は必要か
「仕事にやる気って必要ですか?」って相談と回答を読んでみた

読売ONLINEの発言小町のとあるトピックにヒット。 「仕事

生き延びる裏ワザ
メーカーが生き残るために裏ワザ的に使える便利なWEBサービス

ネットショップでは、メーカー品をメーカーから仕入れて販売しているわけで

→もっと見る

PAGE TOP ↑