*

デザイン設定で最初にやっておきたいこと(その1)

公開日: : 最終更新日:2016/08/09 ネットショップの作り方, ヤフーショッピング・作成講座

「ヤフーショッピングに出店してみた。」ものの、デザインをいじりだすと止まらなくなるのが、もとウェブクリエーターの性ってところです。その気持ちを押さえて、最低限やっておきたいのは次の3つ。

(1)センタリング

恐らくデフォルト(初期の状態)では、レイアウトは左寄せになっているのではないでしょうか。これを真ん中に配置しておきます。

「ストア情報設定」の「エディター設定」で編集モードを「通常モード」にしておきます。その上で「ストアデザイン」→「全体の設定」と進み、ページ幅を900前後にして、「位置」を「中央」にチェックをします。

(2)ヘッダーナビゲーションを画像ボタンにする

デフォルではテキストリンクで、とても格好悪く感じます。ページの下のほうであれば、見られることも少ないでしょうが、「ヘッダー」は、お客様へのイメージ付に非常に大事な部分ですから、せめてオリジナルボタンにしておきたいところです。

ヤフーショッピングでは、ヘッダーナビゲーションとは言わず、「ストアサービス」という言葉が使われています。「ストアデザイン」→「ヘッダー・看板」のところで、画像を登録していきます。

ヘッダー

お店の全体の幅を900にしてボタンを標準の7個配置する場合は、ちょっと計算。幅126pxのボタンを7個作れば、ぴったり収まる計算です。縦の大きさは適当に決めます。

{900-([3px]×6個=18px)}÷7=126px

ちなみに、ストアサービスは並び替えができないので、配置の順番を変えたい場合は、ストアサービスを全部「表示しない」設定にして、「フリースペース」を使って、オリジナルボタンと希望の配置が可能になります。(HTML習得者中級向け)

※関連
ヤフーストア作成講座


Adsense

関連記事

おすすめ本

yahoo!ショッピング等マニュアル本のオススメがない理由

何かを学んだり参照するときに、ネットを中心に情報収集する人と、本や雑誌などの紙媒体をまず入手しよ

記事を読む

ヘッダー看板

ヤフーショップのヘッダー画像HTMLの編集方法

開店申請にパスしたなら、とりあえず商品を登録して行くわけですが、ヘッダーを作ってお店らしくしたい人も

記事を読む

バナー作りはプロに

バナー作りはプロに任せて安上がり

ランサーズ(Lancers)でオリジナル・バナーの作成を募集。 こういう手があったのを知らなか

記事を読む

ポイントは誰のもの?

ヤフーショッピングのポイント負担、ポイント支払いなどについて

ヤフーショッピングに出店すると、店舗側の意思に関係なく、購入者にはTポイントを差し上げる必要がありま

記事を読む

写真加工やバナー作成におすすめの無料ソフト

ネットショップでは、写真加工やバナー作成はかなり重要な仕事になっています。写真加工は、一般的にはPh

記事を読む

EFO

CVRアップのためのEFO5つのテクニック

EFO(エントリーフォーム最適化)のHTML、CSS等の技術情報。 1.入力フォームの拡大 通常

記事を読む

ヤフー掲示板

このアイデアは失敗に終わった

カラーミーの助け合い掲示板は盛況なのに、yahoo! shoppingの出店者用の助け合い(サポート

記事を読む

HTML編集

ヤフーショッピングの画像やHTML編集方法

ヤフーショッピングは、ショッピングモールなので、と言うと語弊

記事を読む

no image

Window10にアップグレードしてみた

「アップグレードしてください。」のメッセージがあまりにうざいので、Windows10にアップグレード

記事を読む

ttrinity

オリジナルTシャツをネット販売する方法(T-Shirts Trinity×通販アプリ)

毎年Tシャツを買い換えるのが楽しみですね。「今年来たTシャツは来年は着ない。」「捨てる。」と言う人も

記事を読む

Adsense

Adsense

初めてのメルカリ
初めてのメルカリショッピングで

ネットショップ運営者とは言え、C業界人ですからね。EC業界のことは広く

ハッシュタグとは
ハッシュダグとは

SNSが盛んになっているにもかかわらず、あまり活用していないのもあって

メルカリ3
メルカリ初心者が学んだ3つのこと

たまに使うメルカリについて学んだことが3つあったので記録しておきます。

商材見っけ
トップセラーで商材見っけ!

仕入れ0.01掛けから7掛けまでの商売をしていると、それ以下の掛け率の

no image
スマホだけでネットショップ運営

「当日は、このメールをプリントしてお持ち下さい。」なんてありますよね。

→もっと見る

PAGE TOP ↑