*

デザイン設定で最初にやっておきたいこと(その1)

公開日: : 最終更新日:2016/08/09 ネットショップの作り方, ヤフーショッピング・作成講座

「ヤフーショッピングに出店してみた。」ものの、デザインをいじりだすと止まらなくなるのが、もとウェブクリエーターの性ってところです。その気持ちを押さえて、最低限やっておきたいのは次の3つ。

(1)センタリング

恐らくデフォルト(初期の状態)では、レイアウトは左寄せになっているのではないでしょうか。これを真ん中に配置しておきます。

「ストア情報設定」の「エディター設定」で編集モードを「通常モード」にしておきます。その上で「ストアデザイン」→「全体の設定」と進み、ページ幅を900前後にして、「位置」を「中央」にチェックをします。

(2)ヘッダーナビゲーションを画像ボタンにする

デフォルではテキストリンクで、とても格好悪く感じます。ページの下のほうであれば、見られることも少ないでしょうが、「ヘッダー」は、お客様へのイメージ付に非常に大事な部分ですから、せめてオリジナルボタンにしておきたいところです。

ヤフーショッピングでは、ヘッダーナビゲーションとは言わず、「ストアサービス」という言葉が使われています。「ストアデザイン」→「ヘッダー・看板」のところで、画像を登録していきます。

ヘッダー

お店の全体の幅を900にしてボタンを標準の7個配置する場合は、ちょっと計算。幅126pxのボタンを7個作れば、ぴったり収まる計算です。縦の大きさは適当に決めます。

{900-([3px]×6個=18px)}÷7=126px

ちなみに、ストアサービスは並び替えができないので、配置の順番を変えたい場合は、ストアサービスを全部「表示しない」設定にして、「フリースペース」を使って、オリジナルボタンと希望の配置が可能になります。(HTML習得者中級向け)

※関連
ヤフーストア作成講座


Adsense

関連記事

トップページ

トップページの編集手順について考え中

ヤフーショッピングにかぎらず、トップページはお店の顔ですから「それなり」に作りこんでおきたいところ。

記事を読む

no image

開業ASPと自作との作業性の劇的な違い

ショップサーブに出店しているお店の、一部の商品ページを編集しようと思って管理画面で作業していました。

記事を読む

静岡県

静岡県の浜名湖とWordPressとwelcart

浜名湖を通っても、いつもは「静岡だ~」「うなぎだ~」くらいしか思い浮かべないんですが、今回は、浜名湖

記事を読む

動画で売上アップ

使用例や使用感の動画満載で受注率アップ

少し前の日経MJに『パナソニックが新商品(衣類スチーマー)のマーケティングで動画を多用したところ、「

記事を読む

LPOケーススタディ

ランディグページのデザイン・設計のケーススタディー

英語が聞き取れないコンプレックスを持っているがために、つい反応してしまった広告がこれ。イ*ラン先生・

記事を読む

マグカップ

画像検索対策が手薄な店が多いみたい

商品を探すときに画像検索を使う人も多いと思います。でも、その画像検索の結果を見ても、同じような写真ば

記事を読む

no image

「ネットショップ開業ホームページ制作」は120%間違いです

「ネットショップを開業しよう。」 「ネットショップを開業したい。」 「ということは、ホー

記事を読む

価格の表示方法

商品毎に価格の表示方法を変えたい

ネットショッピングをしていて色々な価格表示がありますよね。今回遭遇したのは、「衝撃価格」という表示。

記事を読む

提灯記事

記事広告と提灯記事とステルスマーケティング

またひとつ言葉を学習。 「提灯(ちょうちん)記事」 ちょっと古めかしい言葉ですがステルス

記事を読む

すべて失ってもLPO

すべてを失ってなっても忘れてはいけないランディングページ作成7つの重要ポイント

ここ数年のウェブスキルで、最も重要なのはランディングページ(LP)を設計し作成できるスキルでしょう。

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑