*

棚卸しはやっていない。やってはいけない理由

公開日: : 最終更新日:2017/02/05 ネットショップ運営, 経理と会計と税金

「棚卸しはやらないです。」と言うのは言い過ぎで、棚卸しをするのは年に1回だけで十分です。それは事業の決算月12月(個人事業主の場合)です。毎日とか毎週とか、毎月とか、ありえないです。スポーツジムに行って汗を流したほうがよっぽどましです。

棚卸しの目的は、数字と現実の商品の数がちゃんと連動しているのか確認することくらいで、さほど重要ではないです。特に、ネット販売に万引きなんて、ないわけですから、「なぜか在庫がなくなっている。」ということもあり得ません。

棚卸しによってわかるのは、「在庫どれだけ仕入れて、どれだけ残っているか。」ということです。

例えば、Tシャツ1アイテムだけ販売しているケースで見るとわかりやすです。

仕入れた数(個人事業主の事業年度)

数量
1月 10枚
2月 10枚
3月 10枚
4月 10枚
5月 10枚
6月 10枚
7月 10枚
8月 10枚
9月 10枚
10月 10枚
11月 10枚
12月 10枚

あえて毎月10枚にしたので1年間に120枚仕入れたことになります。そこで、12月の決算月に1回だけ、「何枚残ってるのか」を数えます。数えたところ5枚残っていた。すると、年間通じて115枚が売れたことがわかります。

120-5=115

小学生の算数の問題ですね。

これを簿記に変換すると、次のようになります。

期首棚卸在庫:10(実際は金額)

期末棚卸在庫:5(実際は金額)

毎月、仕入れたときの仕入額の記帳はしているはずなので、「1年間の仕入額」と「115枚×仕入れ金額」はぴったり一致する事になります。これをずれないようにするために行うのが棚卸しです。

いくら在庫があって、いくら残っている」というのを、全てバーコードでピピっとやっている場合は、人がいちいち数えなくても、コンピューターの数字を見れば良いわけです。ただ、コンピュータ化されているのは大手企業なので、小さなネットショップがそんなシステムを入れることはないです。

今回の例では、Tシャツ1アイテムとしたので間違いが発生する可能性は0%に近いですが、10アイテム100アイテム、5000アイテムともなると、「出荷したけど返品された。」とか、「1個注文のところ2個出荷してしまったがお客様からの連絡なし。」「注文品と違うものを送ったがお客様から特に報告はなし。」など、ほぼ間違いなく数字や在庫数のズレが発生します。

後者の2つは、毎日在庫を見ていないと気づかないので、数が多くなればなるほど、ズレが生じることになります。注文受付はオートマティックですが、出荷作業は人力ですから、遅かれ早かれミスは発生します。毎日在庫をチェックすれば、在庫数の正確性は保たれます。

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)



Adsense

関連記事

海外から日本に販売

海外から販売したい?海外からのお問合わせが増加傾向

副業をしたい人は国内外を問わず増えてきたような気がします。ここで言う海外の人は、アメリカ、ドイツ

記事を読む

no image

クーポンを活用してリピーター獲得大作戦

ショップサーブの便利な「クーポン発行機能」ですが、あまり活用できていないお店さんが多いようです。クー

記事を読む

ライン電話

LINE電話の品質が良かった

最近よくLINE電話を使います。無料ですし、通話品質もだいぶ良くなってるので、友達との会話くらいなら

記事を読む

仕入れの勘違い

仕入れの勘違いにご注意(経費にならないよ)

いきなりですが、問題です。 【問】 2016年1月~12月、1年で300万円分商品を仕入れま

記事を読む

Googleドライブ

アンケートフォームならGoogleドライブがおすすめ

これまでアンケートフォームといえば、フォームメールCGIを独自に設置したり、広告付きのレンタルを借り

記事を読む

自作のすすめ

ネットショップ自作のすすめ、も・・・

ネットショップを始める場合、ショップサーブなどの開業サービスを使ってスタートするのが一般的になりまし

記事を読む

オリジナル商品の作り方

いろいろあるオリジナル商品の作り方のまとめ

ショップ運営も軌道に乗るとオリジナル商品を作りたくなるもの。オリジナル商品は、販売価格を自由につ

記事を読む

リバースモーゲージ

「リバースモーゲージ」金融商品を学ぶ

金融商品は、ネット販売とは関係ないのですが、たまには他業種の商品について学んで見てもよいのではないし

記事を読む

カウントダウン

人気主婦ブロガーのビジネス化

調べ物していたときに衝撃的なブログがヒット。 失礼ながら、内容は普通なんですが、その主婦のブロ

記事を読む

フリーランスの自己ブランディング

超キケン「自己ブランディング」なしのフリーランス起業

その投稿が命取り たまたま周りにフリーランスの人が何人かいます。フリーランスとは、個人で活躍してい

記事を読む

Adsense

Adsense

栄枯盛衰
ネットショップも栄枯盛衰

オヤジ化してしまったのか、まれに人の話についていけないことがあります。

クーポン乱発で客単価UP
楽天アマゾンに学べ!クーポン乱発で客単価をアップさせよう

よほどのことがない限り使わない大好きな楽天お買い物中、ある異変に気

税理士
個人事業主が税理士使うと得する売上の分岐点は?

まもなく確定申告の時期ですね。「こんなに楽だったとは・・・そんなことな

副業で貸し会議室
副業で貸し会議室ビジネスがアツいらしいけど収益シミュレーションしてみた。

「副業で何か始めたいよなぁ~」と思っている人も多いようですが、ネッ

5つの真実
2018年ネットショップ起業5つの真実

新年ですから、やる気満々の人も多いでしょう。周りではネットではなくて実

→もっと見る

PAGE TOP ↑