メールでバレるお店のレベル、あなたのレベル

メールでバレる

この記事は約3分で読むことができます。

「卸販売してくれますか?」ってひとことメール。

なんですか。それ。

一応、メールには書き方というのがあります。それを、無視したメールは、送信者の人格がどうあれ「何も知らない人(以下Bとする)」と判断されてしまいます。Bを相手にすると。ろくなことがないとわかっている担当者は、そんなメールはゴミ箱に捨てるか、お断りの返信をします。普通は。

逆に、お店からのメール。

「商品準備してま~す。ちょっと待ってね(^^)/」て。

初めて注文したんですけど?

あんたは友達か?

10代限定の商売ならまだしも、こっちはオッサン進行形ですよ。マナーってあるでしょ。そこは定型文を送っておきましょうよ。ま、別に商品が届けばそれで良いんですけどね。

「平素は格別のお引き立てにあずかり誠にありがとうございます。 」とか、意味のない挨拶文はいらないですが、最低限のメールの書き方はクリアしておきたいですよね。

例えば、こんな感じ。

1.適切な件名 (例)新規取引について
2.誰が誰に対して出したかわかる (例)○○様、私は・・・
3.要件を書く
4.署名を入れる

これだけは押さえておきたいですよよね。

ちなみに、仕入れをお願いするメールなら最低限自己紹介は必要だと思いますよ。

「はじめまして。岐阜県で雑貨店を営んでいる関と申します。」とか。

メールの場合、見た目やジェスシャー、声、表情、筆跡などは完全にカットされてしまます。デジタルの文字だけで、人格が判断されかねないので、ある意味恐ろしいです。

仕入れお願いメールなら、メールをちゃんと書く以外、しっかり作りこんだウェブサイトやネットショップを用意しておきたいところです。

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)