yahoo! shopping出店申込時に注意すべきポイント

この記事は約3分で読むことができます。

とりあえず無料で出店できるヤフーショッピングを選ぶ人も多いと思います。最近、出店に関わったので、忘れないうちにメモっておきます。

出店申込時に必要なのは次の4つだけです。

1. yahoo! JAPAN ID
2. クレジットカード
3. 出店者情報
4. 銀行口座情報

Y!IDは持っていなければ、無料で簡単に新規取得できす。すでにヤフオクなどで利用しているIDでもオッケーです。個人事業主の場合は、個人カードで全然問題無いです。出店者情報は、住所不定でもないかぎり入力できます。銀行口座も誰もが持っていると思うので問題ないでしょう。

で、これらの入力関係はまったく問題ないと思うのですが、悩むというか、時間がかかるのが店名ではないでしょうか。

店名は一度決めると3ヶ月は変更が効きません。

同時に半角英数のショップアカウントを決めるのですが、これは別に適当に決めてしまっても差し支えないです。でも、店名はネット販売の命とも言えるような重要なポイントですから、適当にやってしまうと後悔しますから、しっかり考えておきたいですね。

ショップ名の基本は、「ひと目で何の店かわかる。」

これに限るでしょう。読んで意味がわからない。あるいは、英語を始め、外国語表記などは、論外です。日本人相手に販売するのであれば、日本語でわかりやすい店名をつけるのが、失敗しないコツです。

店主としては、店名に想いを込めるかもしれませんが、そんなものはお客さんには関係ないですからね。一人よがりで自己満足のネーミングにするのか。客視点で集客できるネーミングにするのか。二択ですね。

決まらない場合は、当たり障りのない名前がオススメです。どんな商材でも不自然にならないような言葉などです。悩みだすとどんどん時間が過ぎていきますから、さくっと決めてしまいましょう。

ちなみに、ヤフーに出店するのは、ネット販売の小さな小さな一歩です。やる気のある人や攻める気持ちのある方は、ヤフーの目処が立ったら、ショップサーブにも出店して大海で勝負しましょう。