*

オリジナルTシャツをネット販売する方法(T-Shirts Trinity×通販アプリ)

この記事は約5分で読むことができます。

毎年Tシャツを買い換えるのが楽しみですね。「今年来たTシャツは来年は着ない。」「捨てる。」と言う人も多いご時世です。でも、下着は5年モノとかねw。

通販レシピ

ネット販売では、Tシャツショップは腐るほどありますが、オリジナルデザインの場合は、割りと算入しやすい業種じゃないでしょうか?ディズニーはじめキャラクター系とか、どこにでも売っているようなデザインのモノは今さら無理ですね。

どうせやるならオリジナル・デザインでしょう。

というわけで、これからTシャツショップを始めたい人に、ちょっと変わった始め方を提案します。

ノーリスクで始めるのが基本!

Tシャツ屋を始めるにあたり、「ガーメントプリンター(Tシャツに印刷できるプリンター)を買う。」なんてリスキーなやり方はオススメしません。極力ゼロ円に近い資金でスタートするのがかしこい方法です。

まずは、Tシャツトリニティー(https://www.ttrinity.jp)にデザイナーとして登録しましょう。無料です。このサイトでは、デザインデータを登録するだけで、商品ができあがってしまいます。簡単に言えば、Tシャツのオンディマンド印刷です。注文が入った時に、同サイトの運営会社が印刷してお客さんに送ってくれます。

運営者が得られるのは利益のみです。仕入れもないし、送料も発送も不要です。デザインさえ載せれば良いのです。このブログ主も、やってます。初めてデザインした、と言っても、文字だけのTシャツが売れました。利益は950円です。

毎日1枚くらい売れてくれたら嬉しいのですが、5年で1枚くらいの売り上げです(爆)もちろん、こんなに売れないのは、デザインが知れているのと、宣伝もなにもせずに完全に放置しているからです。やる気のある人は、次に紹介するサービスを使って、両輪で運営してみてください。

通販アプリで販路を広げる

Tシャツトリニティーでは、Tシャツ、ロングT、ラグランTシャツ、パーカー、スエット、トートバッグなどのバリエーションがあって、何百万点という商品があります。こんな中で売り上げを作っていくのは至難の業です。

しかも、写真がオリジナルのものにできません。できれば、Tシャツ実物の写真を用意したいし、パンツやスニーカーとコーディネートした写真を使いたいですよね。その方が売れやすいですしね。

Tトリニティーの商品画像がこれです。

ttrinity

いかにも合成です。Tシャツが好きな人は、これだけじゃ買えないですよね~

そこで、通販アプリの登場です。ターゲット年齢にもよるとは思いますが、メルカリ、BASEあたりが無料で使えるのですぐにでもゲットしましょう。

そして、TTrinityでデザインをしたものを自分で購入します。サンプルですね。5.6オンスのTシャツで1800円ほどです。ちょっと割高ですが、テスト販売だと思ってください。手元に届いた実物で商品写真を撮って、通常の通販として販売します。

注文が入れば、TTrinityから発注作業をして、お客様にお届けするわけです。在庫を持たずに、モバイルだけでショップ運営ができるので、とても効率的です。副業にぴったりです。

いい感じで売れてきたなら、さらに販路を広げるために、出店料が無料化されたyahoo! shopping(個人事業主か法人の場合)、本格通販アプリのショップサーブでお店を立ち上げて、最終的に5、6店舗を同時並行で運営するスタイルです。

5、6店舗と聞くと「そんなに多くは・・・」なんて思うかもしれませんが、在庫を持たないのは最強です。在庫なしの5、6店舗なんて楽勝ですよ。在庫を持つと、ほんと大変なんですから。あ、売れ行きの悪い店舗、効率の悪いところは、さくっと閉めます。

完全に軌道に乗ったなら

顧客もついて、ある程度売り上げが取れるようになってくれば、本当の意味でのオリジナルTシャツの制作に入ります。ベースTシャツの生地やブランドを自分で選ぶところから始めて、版を作ってシルクプリントです。

シルクプリントは、TTrinityのような印刷と違って、発色性や耐久性、風合いや、枚数を作ったときのコストパフォーマンスに優れます。原価はTTrinityの半額とまではいかないまでも、かなり安くおさえることができます。そうなると在庫を持っての販売になりますが、もやはリスクはない状態でのストックですから、困ることもないでしょう。

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)



Adsense

関連記事

フリーマーケット

着なくなったTシャツはリアル販売で

着なくなったTシャツですが、まず思い浮かぶのはヤフオク出品。でも、ノーブランドのTシャツは値がつかな

記事を読む

信頼できる情報源

信頼できる情報ソースを集めよう

どんな情報でも引き出せるネットですが、ショップ運営者が情報扱うためには、それなりに慎重になりたいと思

記事を読む

集客せよ

店長日記にオススメの無料ブログサービス

最近はネットショップを作っても、MT(Movable Type)やWP(Wordpress)をブログ

記事を読む

クレーマー拒否

通販 クレーマーからの注文拒否するには

面倒くさい客からの注文はいらないですよね。いわゆるクレーマー。あれこれ難癖つけて来る客です。購入単価

記事を読む

新規契約

ネット販売サーバー新規契約者向け最初にやるべき7つの基本作業

ネットショップ向けのサーバーに新規で契約したユーザー(ショップサーブ限定ですが、、)にプレゼントする

記事を読む

過大評価で大失敗

過剰評価or過大評価で大失敗

4月からの人材採用を検討しているお店さんも多いかもしれません。 例えば、こんな話。 アル

記事を読む

アパレル・ファッションの定番仕入れ方法

ファッション系の仕入れは展示会が基本だと思います。直近では、国際アパレルEXPOが2016年11

記事を読む

売らずに買われるネット通販

売らずに買われるネット通販

手元に紹介し忘れたネットショップ開業、そして運営ノウハウの教科書とでも言うべき本が目に止まりました。

記事を読む

落とし穴

クリックされる広告を作るのに役立つ7つの考え

「広告見る→クリック→読む→買う」という流れを作りたいわけですが、いったいどういった広告を作れ良いの

記事を読む

上司アホ

優秀な社員やスタッフが辞める理由の90%は上司がアホってw

ある記事を読んで「なるほど!確かに!」と気付かされたのが、「優秀な社員が辞める理由は上司がAHO」で

記事を読む

Adsense

Adsense

ECサイト運営者の思い込み
ECサイト運営者の間違った思い込み。。

「コンテンツマーケティング」と言う言葉もすっかり馴染みましたが、その重

メディアEC
ネットショップの基本「メディアEC」

ここ数年、コンテンツマーケティングとかメディアECという言葉が取り

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

→もっと見る

PAGE TOP ↑