*

ネットショップ在宅スタッフの需要高まる?

公開日: : 最終更新日:2015/09/08 ショップサーブ, ネットビジネス, 基礎知識やノウハウ

ネットショッピング業界は右肩上がりとどまることをを知らずですが、ショップ運営の仕事の外注化が広まっているような感じです。本来、「注文が増えてきて忙しくなるとアルバイトやパートを雇う」というのが事業の一般的な流れですが、実は、ネットショップ運営の仕事の大半は在宅でできてしまいます。

出社が前提だと人材の募集範囲は限られるし、必ずしも理想的な人材が取れるとも限らない。一度雇ってしまうと簡単に解雇はできない。出社の日程を会社の都合の良いようにコロコロ変えることもできない。給料以外に交通費も支給する必要がある。かなりのリスクですね。

・一時的に商品が増えたので登録だけお願いしたい。
・写真の撮影だけを頼みたい。
・バナーの作成だけを頼みたい。
・注文処理を頼みたい。
・商品の出荷を頼みたい。

など、別に誰かに会社まで来てもらわなくてもすべて外注できてしまうのがネットのお仕事のいいところです。

仕事募集のサイトの台頭で、スポット的な仕事は全国に向けて外注するほうが時間的にもコスト的にも節約できます。事業主の多くはそういった方向で考えているのではないでしょうか。

今後はその流れも強くなると考えると、ネットショップ・スタッフという募集は減っていきますね。この職種を希望している人は、できるだけ経験を積みながら、地域に関係なく外注で仕事をこなせるようスキルを身につけるのが良いかも知れません。

ただし、横柄な客がいるように、依頼する側が足元を見てくるケースも多いですね。バナー1つ作って300円とか。報酬については明記されているので、プラットフォームを介さない仕事のように「ギャラがわからない」ということがない点は安心です。

Adsense

関連記事

在宅ワーク

在宅ワーク、何をどうすればワカラナイ

「未経験、スキルなし。在宅ワークで仕事をしたいが、何から手を付けてよいかわからない。」という人がいる

記事を読む

Youtube

動画の再生は可能か?(埋め込み手順)

ショップサーブでは、トップページや商品ページへの動画の貼り付けは、他のサービスに比べると、比較的簡単

記事を読む

落とし穴

クリックされる広告を作るのに役立つ7つの考え

「広告見る→クリック→読む→買う」という流れを作りたいわけですが、いったいどういった広告を作れ良いの

記事を読む

ショップサーブ

ショップサーブのキャッチコピーを変更してみた

ショップサーブのキャッチコピーはこれ↓ なんですが、、月商1000万と言われてもね~。

記事を読む

FTPで一括登録

商品写真や商品情報の一括登録をする方法はFTP

日々ショップ運営するなかで、ショップサーブの管理画面の遅さにはストレスを感じている人も多いと思います

記事を読む

楽しい!

ネットショップのここがおもしろい

たまに超ニッチな商品を購入することがあるんですが、たいていは販売サイトを見つけることができます。あり

記事を読む

ランサーズ2016

Lancers36時間でアクセス515応募32(選択の基準)

今回、ランサーズ(Lancers:仕事募集応募サイト)で仕事募集をした場合のデータです。事務処理系の

記事を読む

海外から日本に販売

海外から販売したい?海外からのお問合わせが増加傾向

副業をしたい人は国内外を問わず増えてきたような気がします。ここで言う海外の人は、アメリカ、ドイツ

記事を読む

有名ショップ

日本で有名なネットショップ

日本のネット事情を知らない海外在住の人にしてみると、どんなお店が有名なのか気になるのでしょうか。この

記事を読む

提案営業

やめてよかったウェブ制作ビジネス

無料のホームページ作成サービス(ASP)の台頭や需要の減少、制作単価もどんどん下がっているウェブ制作

記事を読む

Adsense

Adsense

プレスリリース
なぜ、このプレスリリースはそこまで難解なのか

ショップサーブで本店ネットショップを運営しているじゃないですか。たまに

AIDMAの法則
消費者の購買決定プロセスAIDMAの法則の例

消費者が商品を購入するまでの心理を5つのステップに分けたのがAIDMA

顧客ランクは3つで良い
顧客ランクって3つくらいでいいんじゃないの?

ショップサーブの顧客ランク設定を見て思ったんですが、ランク無し

シェアの逆転
シェアの逆転

今、ネットショップ運営者にとってブラウザと言えば、Chromeが定番じ

タイムマネジメント
今こそ、受験生から副業希望のビジネスマン、OLまでタイムマネジメントを

前回の記事「副業で成功する人はKPIを使っているのかもしれない

→もっと見る

PAGE TOP ↑